ファーウェイの輪番会長を務める郭平(Guo Ping)氏が2月26日(現地時間)、MWC19の基調講演に登壇した。昨年末から続く米国との緊張関係の中、同社のインフラ機器の締め出しに踏み切る国もある。ファーウェイと強い結びつきを持つ通信事業者も多い欧州で、郭氏は疑惑に対する反論とともに「セキュリティーのためにファーウェイを選んでほしい」と訴求した。

11
MWCに登場したファーウェイ輪番会長の郭平氏

5Gを始めとする最先端技術の開発に1兆円以上を投じる
高速な5Gインフラは米国こそ必要としているのでは?

 郭氏はまず「ファーウェイがこんなに話題になったことはない。何か正しいことをやっているに違いない」と冗談交じりに語った後、技術面でのファーウェイの優位性を説明した。

 郭氏によると、2018年のファーウェイは150億ドル(約1兆6600億円)を研究開発に投じた。これは「世界でナンバー5」という。この結果、最先端の技術を開発すると同時にシンプル化も進めている。

 性能面については「ファーウェイの5G技術は、100MHz幅で14Gbps以上の通信速度を実現できる」し、光ファイバーがあるところではブレードをインストールしてファイバーに接続するだけで、最大200Gbpsを実現する。ファイバーがないところではマイクロ波を利用するが、通常のマイクロ波での通信速度は1Gbpsだ。これに対し、ファーウェイは最大20Gbpsまで引き伸ばせる技術を開発しているという。

11
ファーウェイの5Gにおける技術優位性をアピール

 さらにはスマートフォン、CPE(Customer Premises Equipment、顧客構内装備)を含む端末事業も持つため「エンドツーエンドでの5Gソリューションを提供できる」と郭氏、すでに「事業者による拡張性のある形での5G実装を開始している」と述べた。

 性能を客観的に示すため、郭氏は「ファーウェイの5Gは、米国で”5G”と言われているものよりも20倍高速」というZealerの報告書を紹介。先にトランプ大統領がTwitterでツイートした“米国には高速でスマートな5Gが必要”という発言を引用しながら、「大統領に同意する。米国にはパワフル、高速、スマートな5Gが必要だ」と語り、会場を沸かせた。

11
郭氏が見せたスライド。ファーウェイはNSAフィールドテスト、SAフィールドテストなどで最も優れているという

 シンプル化では、アンテナの素材を工夫することでコンポーネントの数を99%減らすことに成功、カバーの軽量化も進めて、40%も軽量になったという。インストールも容易で、4Gのサイトや街灯に設置することもできるという。サイトの簡素化により、事業者は基地局に関するコストを減らすことができる。

 技術面で郭氏が最後に紹介したのが「インテリジェンス」だ。「5Gは21世紀の技術だが、ネットワークのオペレーションと管理はいまだに18世紀」とし、2018年秋に発表したAIチップの「Ascend 910」「Ascend 310」を紹介した。

 このチップをベースに、アルゴリズムやモデルを構築し、管理の効率化を進めるソリューションを開発しているという。「AIチップを利用して、あらゆるシナリオでインテリジェンスをもたらすことができる」「ネットワーク障害の70%が人為的なもの。通信事業者が安心できるように、ファーウェイはインテリジェントなネットワークを構築している」と続けた。

11
Ascend 910などのAIチップにより、ネットワークの運用管理にAIを活用する

 このような技術優位性を利用して、「ファーウェイはパワフル、シンプル、インテリジェントな5Gネットワークを構築できる」「世界中のどの通信事業者に対しても、どこよりも高速なネットワークを構築できる」と強調した。

スノーデンを持ち出し、セキュリティーを守るための責任は
政府のみが果たすものではないと主張

 技術優位性について語った後、郭氏はセキュリティーについて話し出した。

 郭氏はまず、2013年に元NSA職員のエドワード・スノーデン氏が明かした米政府の監視プログラム「PRISM」にかけて、「プリズム(PRISM)も水晶玉も政治も、サイバーセキュリティーを管理できない」と話し、セキュリティーはテクノロジー企業、通信事業者、政府の3者がそれぞれの責任を果たすことで実現できるとした。

 テクノロジー企業としてのファーウェイは「標準に遵守して安全な機器を作ることが我々の責任だ」と語り、5Gでは4Gでの教訓を生かしてさらに安全なネットワークを構築できるとした。

 そして監視の疑惑に対し、「ファーウェイは通信事業者のネットワークを運用していないし、通信事業者のデータも所有していない。ファーウェイの責任は”我々は悪いことをしない”であり、これを約束している」「ファーウェイはバックドアを仕込んだことはないし、今後もしない。そして、我々の機器に誰かがバックドアを仕掛けることは絶対に許さない」と語った。

 業界と政府については、「安全なネットワークを構築するために、サイバーセキュリティーに必要な要件を標準化する必要がある。このような標準はすべてのベンダーと事業者にとって恩恵になる」と呼びかけ、GSMAと3GPPが共同定義するネットワーク機器セキュリティスキーム「Network Equipment Security Assurance Scheme(NESAS)」を支援するとした。

 そして「(政治家ではなく)専門家にネットワークが安全かどうかを決めてもらおう」と語りかける。

 最後に郭氏は、「ファーウェイは30年間、セキュリティーで素晴らしい実績を残しており、世界30億人を支えている。米国によるセキュリティーでの非難は、何の証拠もない主張だ」と主張する。その米国については、「皮肉なことに(2018年3月に成立した)米国のクラウド法は、米政府が国境を越えて、(米国民に関する)データにアクセスできるものだ」とし、会場の事業者や政府関係者に向かって「最高の技術とセキュリティーのためにファーウェイを選ぼう」と呼びかけた。