折りたたみではなく2画面
「V50 ThinQ」フォトレポ

 LGエレクトロニクスはMWC19 Barcelonaにて、5G対応の2画面スマホ「V50 ThinQ」と、4Gのフラッグシップ「G8 ThinQ」を発表、ブースにて展示している。

LG

 V50は、今年のMWCで流行中の折りたたみ式ではなく、別売りのアタッチメントを装着することでニンテンドーDSのような2画面になるスマホだ。2画面が必要でなければ単体で使えば良いし、2画面を使ってリッチに楽しみたいのであればアタッチメントを使えばいい。フォルダブルスマホとはまた違った進化をした端末だ。

 スペックはディスプレーが6.4型(1440×3120ドット)、SoCにSnapdragon 855、バッテリーは4000mAh、そして5Gモデムを搭載する。カメラはリア3眼、フロント2眼での合計5眼。サイズは約76.1×159.1×8.3mm、重さは183g。

 発売時期も値段も、日本に導入されるかも未定となっている。

LG
LG
これが標準状態。一見、普通のスマホと変わらない
LG
LG
上部には何もないが、下部にはイヤホンジャックとUSB Type-C端子がある
LG
LG
色が同化して非常にわかりにくいが、右側面にボリュームキーや電源キーといったハードキーがある
LG
LG
リアの3眼カメラは横一列という配置。フロントの2眼カメラはノッチ部分にある
LG
カメラ標準モード
LG
カメラ広角モード
LG
カメラ超広角モード
LG
LG
別売りオプションの2画面ケースをつけるとこうなる。LGは折り曲げではなく、このような方向に舵を切ったようだ
LG
LG
折りたたむと携帯ゲーム機のようになる

手品!? 画面を触らずに操作できる
「G8 ThinQ」

 V50とともに発表された「LG G8 ThinQ」。こちらは5Gには対応しないものの、ディスプレーが6.1型有機EL(1440×3120ドット)、SoCはSnapdragon 855、リア3眼、フロント2眼と、ハイエンドなのは変わりなし。サイズは約71.8×151.9×8.4mm、重さは167g、

 G8の特徴はなんといってもディスプレーを触らずに操作できる「Hand ID」という機能。イン側にある「Zカメラ」にかざすだけで音楽を再生したり、ボリュームを調整したりできる。こちらもまた、ほかのスマホとは違った進化のカタチだ。

LG
LG
基本的なデザインはV50と変わらず。バックパネルは光沢なので指紋がつきやすいが高級感がある
LG
LG
こちらも下部にイヤホンジャックとUSB Type-C端子が備わる
LG
LG
右側に電源キーとSIMスロット、左側にボリュームキーと、ハードキーの配置がV50とは異なっている。これはケースの有無の差だろう
LG
LG
リアカメラのレイアウトは横一列。インカメラ(Zカメラ)はノッチ部分に。Zカメラは静脈認証やジェスチャー操作に対応する
LG
LG
これがZカメラを使った操作。静止画だとわかりにくいが、音楽を再生したり、ボリュームを絞ったりできる。今後どのような展開になるのかが楽しみな機能だ