日本よりも、はるかに深刻な女性差別がはびこる国はありますが、だからといって日本はこのままでOKというわけではないでしょう。少子高齢化、労働力減少などの問題はもはや待ったなしの状態。そうなると、女性に活躍してもらうのは必要不可欠な要素になるわけです。とはいえ、女性が活躍できるようになるには、男女ともに大きなマインドチェンジが必要なようです。

 知り合いの女性起業家は、ある大企業の男性役員から「これからうちの派遣の女の子に書類持たせてそちらに行かせるよ」という連絡を受けてがく然としたそうです。社会人の女性を「女の子」と呼んでいる時点でおかしいですし、「派遣」という契約形態をあえて口にするあたりにも、なんとなく差別的な思考を感じます。

「#MeToo」で女性の地位向上が一大ムーブメントになりましたが、途中から、本質から若干かけ離れていったように感じるのは私だけではないと思います。おそらく、男女ともにまだまだ意識改革が進んでいない証拠なのかもしれません。私自身、女性の活躍を支援したいと思いつつも、「女性」という枠組みで考えていると自分でも感じます。

 ところで皆さんは「営業部女子課」をご存じでしょうか?

 営業の世界は、まだまだ圧倒的な男社会。その中で頑張る女性が会社や地域を超えてつながって、切磋琢磨して成長しようというマインドを共有する、とてもすてきなコミュニティーです。運営している太田彩子さんが目指すこのコミュニティーの究極の目標は「“女子課”という文字をなくすこと」だそうです。

 つまり、男女の差なくビジネスでそれぞれの持ち味を発揮して活躍できる世界こそが、最高の形なのだと思います。そんな世界を作るために、私なりに尽力したいと思っています。

(プレゼンテーション・アドバイザー 澤 円)