「分離プラン」の義務化により、回線契約とセットにした端末値引きが無くなる時代が近づいている。とはいえ、MNOであるドコモ/au/ソフトバンクの3大キャリアがサブブランドや格安SIMよりも安価な料金になることは考えにくい。そんな微妙な時期ではあるものの、通常は競争が熾烈な3月の春商戦、格安SIMへの乗り換えは得なのか、気になるポイントや予想部分も含めて考えた。

11
新規契約を前提に端末を大幅に割引しているような例は、大手キャリアに限らない

現実問題として
3大キャリアから離れないほうがプラスな人もいる

 最初に、ドコモ/au/ソフトバンクといった3大キャリアから離れないほうが良さそうな人の条件をあらためて見る。以下のような条件に該当するのであれば、同様の機能がないMVNOの格安SIMはもちろん、サブブランドへの乗り換えも注意したい。

・海外利用で割安な定額パケット料金や音声通話を利用する
・小学生向け携帯電話(キッズケータイなど)を利用する人と保護者
・事業者決済サービスを活用している
・年齢認証が必要(主にLINE)
・通信速度が混雑時でも遅くなるのは困る
・フィーチャーフォン(ガラケー)での通話がメイン
・最新iPhoneや上位スマホを割安または分割で購入したい

 上記条件がなければUQ mobileやY!mobileといったサブブランドに乗り換えても大丈夫だろう。さらに下記の条件にも当てはまらないというなら、MVNOの格安SIMに乗り換えても大丈夫ということになる。

・キャリアメールが必要
・混雑時の極端な速度低下が許せない
・通話時に余計なアプリを使ったりせずに定額で利用したい

サブブランドや格安SIMにも回線契約とセット値引きがある

 続いて、サブブランドやMVNOの格安SIMの現在の状況を見る。大手メディアを見ていると、ドコモ/au/ソフトバンクの3大キャリアだけに、手厚い端末購入補助があるような印象を持ってしまうが、実際はそんなことはない。サブブランドにも同様の割引は存在しており、それが話題にならないことが不思議なほどだ。

 具体的にはUQ mobileの「マンスリー割」、Y!mobileの「月額割引」があり、割引と相殺して端末が実質0円のようなケースもある。しかも販売店によっては、一部の端末を一括0円で提供するところもあり、そうした購入方法では割引だけが残って月々の費用が安くなる。

 たとえばUQ mobileにおいて、マンスリー割が月額1404円の機種を新規加入で一括0円で購入すれば、さまざまな割引を入れて最初の1年間は「おしゃべりプランS」で月額736円。毎月3GBの高速データ通信と1回5分までの通話が無料ということになる。こんな有利な条件で提供されていることもあるのは事実だ。

11
UQ mobileの請求例。通話が多い月以外は「おしゃべりプランS」で月額736円の請求

 一方、MVNOの格安SIMにも契約を前提にした、端末の特価提供は存在している。特に目立つのはNTTレゾナントが運営する「goo Simseller」で、OCN モバイル ONEの音声SIM契約と端末の同時購入で通常より大幅に安くSIMフリー端末を販売している。楽天モバイルも回線契約とセットで大幅値引きがある。

 家電量販店店頭でSIMフリー機を購入する際、指定の格安SIMに加入すると値引きがあることもよく見かける。加入を条件とした端末購入補助は格安SIMにも広がっているのだ。

分離プラン義務化にともなう変化は3大キャリアだけなのか?

 というわけで、今回の分離プランの義務付けは3大キャリア以外にも影響を及ぶ可能性はある。法案を見ると、分離プランの義務付けは「指定された電気通信事業者」となっており、総務省による告知によって事業者が決まる。

 改正の目的からして3大キャリアが指定されることは明白だが、指定の条件としては一定のシェアを占めているということになっているものの具体的な数値がない。サブブランドと格安SIMを提供するMVNOまで適用されるかは総務省次第となる。

 指定事業者とされなくても、世の中には“忖度”という言葉があるように、MNO傘下であるサブブランドが回線加入を条件とした端末値引きを自粛するという可能性は考えられる。

 さらに、MVNOが指定される可能性もある。格安SIMを提供する事業者の中にはBIGLOBE、LINEモバイルのように3大キャリアの資本が入った企業もあるほか、MNOとしてのサービス開始を今秋に控える楽天モバイル、規模の大きな通信会社が運営している格安SIM(OCNモバイルONE、IIJmio、mineoなど)もあるためだ。

いずれ何らかの形で特価販売は復活するかもしれないが、
しばらくはオトクにならない可能性

 回線契約とセットにした端末値引きを禁止した分離プランが義務化され場合、単純に考えれば、月々の使用料金は下がり、端末価格は上がると予想できる。一方で、ユーザーの総支出は若干のプラスになるとの予測も見かける。筆者も端末の特価提供がいったんストップし、当面は端末代金を含めたユーザーの支出は増えるという予想をする。

 いずれは何らかの方法でユーザーにとって有利な特価提供が登場すると思われるが、当面は様子見。周囲の状況を見ながら各事業者、各販売店による競争が徐々に復活すると予想される。それまでの間は端末の特価提供や派手なキャンペーンは期待できそうにない。

 そして、これまで3大キャリアとサブブランドを驚くほどの特価条件で提供してきた、「併売店」(複数のキャリアの端末を売る、いわゆるケータイショップ)の先行きも不透明だ。販売店が総務省への届出制となれば、総務省が業者を把握し、業務改善命令まで出せるため、何らかの抑制が加わるだろう。

 そのため、併売店でよく見られる、有料コンテンツやセットオプションの加入を条件に、大幅値引きをするといった行為が制限がされる可能性が高い。行き過ぎた有料コンテンツ加入は批判の対象だが、トータルでお得になる計算ができるユーザーにとっては安く買う手法の1つで、これが無くなってしまうかもしれない。

分離プラン義務化前の今がチャンスしれない

 こうした予想がもし当たるのであれば、今、特価情報があちこちにある間に高額機種をオトクに購入するのも悪くない。格安SIMに限らず、サブブランド、3大キャリアにも有利な条件がたくさんあるはずだ。

 しかも、auやソフトバンクはすでに実質的に分離プランに移行している。データ量が少なければ「auピタットプラン」は割安感があるし、データ量が非常に多い人にはソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」が魅力的だ。その上で、新規契約とセットで端末の大幅割引や高額キャッシュバックが実質的に存在するという、美味しい状況になっている。ドコモも月額料金を相当に低い水準で維持することが今なら可能だ。

11
ドコモの極端な割引後の請求例。端末を一括で特価購入しているので、月々は割引だけが残り、通話をせずにデータ量が1GB未満なら月額数百円程度で維持することできる

 サブブランドや格安SIMでも、分離プランの影響があれば、端末を安く買えなくなるなど支払い増加になる可能性が高い。もともと月額費用が安いので、これ以上の値下げはあまり期待できそうにないなら、手厚い加入インセンティブのあるうちに加入しておいたほうが良さそうだ。

 分離プランの導入直前、ぜひ、お得な条件でいい回線をゲットしてほしい。