握手を交わすソニーの吉田憲一郎社長兼CEO(左)と、マイクロソフトのサティア・ナデラCEO
握手を交わすソニーの吉田憲一郎社長兼CEO(左)と、マイクロソフトのサティア・ナデラCEO

世界が驚いたプレステとXboxの握手

 ゲーム専用機で競合関係にあるソニーと米マイクロソフトの歩み寄りに、5月17日朝、世界が驚かされた。

 両社は「戦略的提携に向けた意向確認書」を締結したと発表した。ゲームやコンテンツのストリーミングを目的としたクラウドソリューションを、マイクロソフトのデータセンターを活用して共同開発することなどを検討する。ゲーム事業自体の協業予定はない。詳細は今後詰めていくという。

 ソニーは「プレイステーション」シリーズ、マイクロソフトは「Xbox」シリーズを世界展開してきた。任天堂も含めた3社は従来型のゲーム専用機メーカーとしては激しく争ってきた経緯がある。

 近年、既存のゲーム専用機メーカーにとって脅威になると恐れられているのがクラウドゲーム(ストリーミングゲーム)。ゲームの演算処理をクラウドサーバー側で行うため、高価なゲーム専用機を買う必要がなく、スマートフォンやタブレット端末があれば楽しめる。ここに異業種が次々に手を伸ばしている。