3.「永遠の少年」タイプ

 男は誰でも「永遠の少年」なのだそうだが、現実問題、妻子を養う大黒柱としての役割がある場合には、折り合いを付けて生きていくしかなかろう。ところが、ふと「懐かしい自分」に会いたくなる時があるのだろう。

 小山聡さん(42歳)もそんな一人。妻の了解の下でトランクルームを借りて、趣味のフィギュアを飾っている。

 仕事帰りに「わがヒーロー」に会いに行っては「全力で少年」になるのだそうだ。妻いわく「そんなことで明日への活力が湧いてくれるなら、御の字」なんだとか。

 以上、フラリーマンを、家庭に不満がある派と不満はない派に分類し、解説してみた。30~40代は、男女共に仕事や子育て、家事に追われ、自分自身の時間を確保することがままならないことも多いだろう。

 しかし、一ついえるのは、そんな時期も長くは続かないということだ。ここが夫婦の頑張り時である。

 息抜きもガス抜きも人生には必要なことだから、双方、たまの寄り道で元気になれるならば安いものである。ただし、夫婦はギブ&テイク。いたわり合うことが夫婦の絆を深めるということは忘れてはならない。

※文中の名前はプライバシー保護のため、全て仮名としています。