米国債に対する需要が再び強まる中、指標となる10年債利回りが節目の2%を割り込んだ。