日本仕様のパワーユニットは、ガソリンの4.4リットル・V8DOHC32Vツインターボに限られる。スペックは530ps/5500rpm、76.5kg・m/1800~4600rpmだ。

BMW M850i・xドライブエンジン
4394cc・V8DOHC32Vツインターボ 530ps/5500rpm 76.5kg・m/1800~4600rpm WLTCモード燃費:8.3km/リットル Mパフォーマンスチューンのユニット 全域パワフル

 欧州仕様には3リットル直6ディーゼル・ツインターボが設定されている。BMWのディーゼルは「さすがは“エンジンメーカー”の作品」と納得する出来栄えである。しかし日本ではハイパフォーマンスクーペの需要はごく限られる。日本仕様はガソリン専用、という判断はやむを得ないだろう。“いまという時代”を意識させられる点は、欧州はもとより北米市場にも、12気筒モデルが未設定というラインアップだ。フラッグシップとはいえ、過剰な演出は好まれない時代になった。同時に、高い安定性と安全性実現のため、“Xドライブ”と呼ぶ4WDシステムを採用している点は、最新モデルらしい。

 ブラウンとブラックのツートンカラーでコーディネートされたレザーシートを筆頭に、試乗車には多数のオプションが装備されていた。インテリアはまさに“ゴージャス”という言葉が当てはまる。フル液晶化されたメーターと最新のインフォテインメントシステムは、先進性と最上のもてなしを提供するポイントだ。

BMW・M850i・xドライブのインパネ
インパネは上質性と機能性を追求 各部レザー仕上げ 中央に10.25インチワイドディスプレイを装着