パウエルFRB議長、利下げ時期の原則明確化が課題
Photo:Reuters

 米連邦準備制度理事会(FRB)は先月の利下げについて「単一の説明」に手を焼いている。FRB当局者がさまざまな理由から利下げを支持したためだ。

 ジェローム・パウエルFRB議長には、23日のカンザスシティー地区連銀主催の国際経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)など、当面の課題は、米景気悪化の明確な兆候が欠ける中、利下げを継続する理由を明らかにすることだ。

 パウエル議長はジャクソンホールでの講演で、次の動きへのFRB当局者の合意形成を始めることができる。FRBは9月17、18の両日に開く連邦公開市場委員会(FOMC)で次の動きを決定する可能性がある。

 FRB当局者は世界景気減速による米経済への影響を和らげるため、7月の利下げをおおむね支持した。だが21日公表された議事要旨で、リスクについての当局者の見方が分かれた様子が浮き彫りになった。