アマゾンジャパンは12月4日、スマートスピーカーEchoシリーズの最上位機種「Echo Studio」の新製品説明会を開催した。

Amazon
Echo Studio

 Echo Studioは、Echoシリーズの最上位に位置づけられる製品。出力は合計330W。上方および左右に配置した2インチのミッドレンジユニット、センターに配置した1インチのツィーター、そして、下方に向けて配置した5.25インチのウーファーという合計5基のユニットを積む。

 この5つのスピーカーユニットを駆使し、広がり感がある、三次元的な音楽再生が可能になっている。重低音の再生は魅力のひとつだが、再生中に周囲の環境(壁や天井の反射)をマイクで計測し、サウンドを自動的に調整する機能なども持つ多機能機でもある。Amazon Music HDでは、ドルビーアトモス音源に加え、ソニーの360 Reality Audio対応音源もリリースされる予定。Echo Studioはこれらの音源の再生に適した能力を持つ。会場では一足先にその実力を体験できた。

Amazon
上部のスイッチ類はほかのEchoシリーズと共通性がある
Amazon
下向きに配置されたウーファーは、再生中ぶるぶると振動し、パワフルな重低音の再生ができる

Echo Studioの発売に合わせ、Amazon Music HDで
ドルビーアトモスや360 Reality Audio音源の提供を開始

 円筒形の本体は、直径175mm、高さ206mm、重量3.5㎏。本体には3.5mmアナログ/光デジタル入力の共用端子を持つ。内蔵DACは24bit対応だ(サンプリング周波数は非公開)。Amazonの音楽ストリーミングサービスに加え、SpotifyやApple Music、TuneIn、dヒッツなどの再生も可能だ。

 Echo Studioの発売は明日12月5日。合わせて、Amazon Music HDではドルビーアトモスと360 relality Audio対応音源の提供も開始する。発表会では一部の音源がデモされたが、非常に広がり感のある再生音と、パワフルな低域を感じ取ることができた。

 なお、従来のEcho同様、Echo Studioもスマホアプリからグループ設定を組むことで、ステレオペアを構成したり、サブウーファーの追加が可能となっている。とはいえ、単体でも音の方向感を十分に感じれる点は見事だった。

 また、Amazon Fire TV Stick 4Kなどと連携し、テレビで再生中の映画の音を迫力よく楽しむこともできる。加えて、光デジタル入力端子を持つため、テレビ周りの音響を気軽にグレードアップするニーズにも対応しやすいだろう。サラウンドシステムはとかく大げさになりがちなので、ワンボディーで対応できるEcho Studioは、設置環境の都合でオーディオに妥協せざるを得なかった人にも有効な選択肢になると思う。

AlexaとEchoが音楽再生スタイルを変えた

 アマゾンジャパン Alexa エクスペリエンス&デバイス事業部 リージョナルディレクター Alexa アジアパシフィックの大木聡氏は、Echo Studioを「昨年秋から販売を続けてきたEchoシリーズのオオトリ」として紹介。シリーズ最上位の製品として、特に音楽再生にこだわった製品である。

Amazon
アマゾンジャパンの大木聡氏

 日本でEchoの販売が開始されてから、ほぼ2年が経過した。Echoシリーズ購入者の87%が音楽再生を利用し、再生時間は平均で週当たり5時間と長い(スマホアプリから再生する、Alexa Cast機能の再生時間を除く)。日々の生活の中に、音楽を取り込んでいる実態が分かる。

 音楽によるライフスタイルの変化について大木氏は、第1にストリーミングサービス+Alexa(ボイス)によって新しい楽曲との出会い、第2にAlexaを搭載した機器の拡充によって様々なニーズに応えられる点の影響が大きいとした。

Amazon
これだけのことが音声操作でできると紹介

 声の操作では楽曲名やアーティスト名だけでなく「静かなジャズを掛けて」「パーティーに合う、盛り上がる ヒップホップを掛けて」などミックスした指定も可能だ。また、「この曲に似た曲を掛けて」など、ディスカバリーにつながる機能も提供している。ストリーミングサービスは楽曲数が膨大であり、自由に新しい曲を聴ける。従来の音楽を聴く体験から、新しい曲に気付いたり、「明日の朝7時にクラシックで起こして」など生活に密着した使い方も可能だ。

高音質なクラシック・アニメ・ゲーム音源が日本で求められている

Amazon
スティーヴ・ブーム氏

 米Amazonで、Amazon Music事業を担当するスティーヴ・ブーム副社長は、日本における、Amazonの音楽に対する取り組みは「20年の歴史を持つ」と説明。CD販売から始まり、ダウンロード、定額配信サービスへと進化してきた。現在は6500万曲を提供する「Amazon Music Unlimited」や「Amazon Music HD」といったサービスを提供中だ。また、全世界展開しているサービスであるため、世界中のヒットチャートがラインアップされている点もアピールした。

 日本市場に注力する理由として同氏は、日本が音楽マーケットでは世界第2位の規模を持つこと、ストリーミングサービスの利用が成長期に入ったことなどを挙げた。日本市場では、ストリーミングサービスの利用率が30%程度とのことだが、いまだにCDなどの物理メディアの市場も残っている理由は、圧縮音源では飽き足らないクオリティへのこだわりがあるためだと分析しているそうだ。

Amazon
日本におけるアマゾンの取り組み

 日本に向けたコンテンツとしては、高音質であることを重視している。また、人気のジャンルとしては、クラシック・アニメ・ゲーム音楽などがあり、これをHDの品質で聞くことによって、Amazonと顧客のつながりをより深く築けるとする。加えて、モバイル利用では2020年以降、高速な5G化が進むことも視野に入れ、安定した通信環境が、ハイクオリティなコンテンツの利用を進めるのではないかと期待を示した。

Amazon
Amazon Music HDを再生可能なデバイスも増えてきた

 Amazon Music HDでは、CD以上のロスレス品質(FLAC音源)で、約6500万曲を用意している。この中には数百万曲のハイレゾ音源(Ultra HD楽曲)や数千曲の3D楽曲も含んでいる。また、スマートフォンやスマートスピーカー以外にも、様々なオーディオ機器での再生も可能だが、ネットワーク環境や再生機器の状態に合わせて適切なクオリティが自動で選ばれる。この簡便さも特徴だとする。さらに物理メディアと同等か、それを上回るクオリティの音源を月額1780円という、日本のシングルCD1枚とそれほど変わらない料金で使える点をアピールした。

Amazon
Amazon Music HDの再生アプリでは、どのフォーマットでの配信か、この機器ではどのフォーマットで再生されるかなど、情報の透明性にこだわっているという
Amazon
日本の事情に合わせ、日本向けプレイリストも多く用意している

非常に頭のいいEcho Studioの音質調整機能

 Echo Studioについては、米国本社でAudio Technologyを担当するフィリップ・ヒルメスディレクターが説明した。Echo Studioの特徴はワンボディーでありながら、豊かな3D音響の再現ができる点にある。これは5つのスピーカーとDSP処理を組み合わせて、空間に合わせた音を自動調整することによって実現している。

Amazon
フィリップ・ヒルメス氏

 具体的にはインパルス応答を調べ、部屋の大きさや設置位置、壁面や天井の素材などに合った音を作る。DSP処理によって音を出す方向を調整したり、最適な位相にする仕組みのようだ。この際、機械学習の手法を使って精度を高める。

 外側と上方に設置したミッドレンジスピーカーは広い音場を提供。指向性については、1基しかないツィーターを広めに、複数あるミッドレンジはせまめにしている。また、ツィーターは前方のみだが、壁面などの反射もうまく利用しながらステレオ感やサラウンド感が出せるよう工夫しているそうだ。

 構成としては高域・中域・低域用にそれぞれD/Aコンバーターとアンプを独立して用意した3ウェイ3アンプ構成。ミッドレンジは300Hz~2.5kHzを担当し、これを60kHzまでの再生が可能なツィーターと30Hzまでの再生ができるウーファー部で補うイメージだ。D/AコンバーターはTI製で、192kHz/24bitのPCMに対応しているという(DSDの再生には対応しない)。Echo Studioはワンボディーながら、なかなか充実した構成になっている。

Amazon
Echo Studioであれば、テレビ台にもシンプルに置ける

 従来のサラウンドシステムは、とかく大掛かりになりがちだったが、Echo Studioであれば、テレビ台などに置いてシンプルに使える点も特徴だ。ヒルメス氏の説明によると、Echo Studioでは、ドルビーアトモスやドルビーデジタルの音源を3.1.1chの信号にミックスダウンして再生する。上方にもスピーカーが付いているので、高さ方向にも広がりが出せる。また、360 Reality audioのソースは5.1.4chとなるが、これも同様に3.1.1chにミックスダウンして再生する。

 部屋の環境に合わせて音質を最適化する技術は、アップルのHomePodなども採用している注目の技術だが、ヒルメス氏はサラウンド技術で有名なAudyssy社の創業メンバーでもあるとのことで、そのノウハウも生かされているはずだ。Echo Studioでは水平方向だけでなく、天井方向の反射も利用した縦の広がりも重視しており、このサイズとは思えないほどパワフルな低域、そして音に包まれながら、歌手や楽器の位置が空間にピッタリと定位する感覚が得られる。

Amazon
ステレオペアを組めば、非常に充実した再生環境が得られる

 実際にサウンドを聞いてみたが、Amazon Music HDで配信中のビートルズ「Come Together」ではキックドラムの風圧感なども感じさせ非常に臨場感があった。また、ドルビーアトモスを始めとしたオブジェクトベースオーディオは、ボーカルや各楽器の位置をオブジェクトとして個別に決め、空間に自由に配置することが可能だ。こうした特徴を再現するにはこれまで、AVアンプとたくさんのスピーカーの組み合わせが必要だったが、ワンボディーでも十分に音の動きや楽器と声の分離感が感じられるという点はスゴイのひとこと。

 しかも2台を同時購入して、ステレオペアにしても5万円を切る価格というのだから、とてもお買い得だ。