新国立競技場の4階
新国立競技場の4階 Photo by Tomomi Matsuno

デザイン変更や短い工期といった問題を乗り越えて11月末に完成した新国立競技場。一時、建設費が3462億円に上る試算が出ていたものの、結局予算内に着地した。会場を歩くと費用のかけどころの「メリハリ」が見て取れた。(ダイヤモンド編集部 松野友美)

新国立競技場がついに竣工
結局、大成建設はもうかったのか

 2020年の東京五輪・パラリンピックにおいて開・閉会式や陸上競技やサッカー競技で使われる新国立競技場が完成した。12月15日に竣工式を開催、内部がお披露目された。

 新国立競技場の工事費(スタジアム本体と周辺整備)は、12年当初計画で1300億円程度だったものが、建築家の故ザハ・ハディド氏によるデザイン案の試算で最大3462億円まで膨れ上がった。高額すぎることからザハ案は白紙撤回され、大成建設、梓設計、隈研吾建築都市設計事務所による共同企業体(JV)が16年に契約した。

 大成にとっては受注することに大きな意味があった。