スタジアム周辺に到着
気になる料金は?

 その後は、無事にスタジアム周辺にたどり着いた。直進の性能は高く操りやすいため、8分程度での到着に成功。ここまでの走行費は300円で、タクシーの初乗り運賃より安いことになる。その点では、魅力的な交通手段に数えられそうだと感じた。

 ただ、ポートモデルでは駐車できる場所がかなりの数用意されていないと、降車地を探している間に料金がかさんでしまう可能性がある。この日は結局、駅まで戻ってからも(右左折のたびに車体から降りながら)少し周遊し、30分で850円という料金になった。本格的なサービス展開はこれからのため、料金が欧米並みに近づけばもう少し安くなる可能性があるとはいえ、率直に言って結構高い(ちなみに浦和美園のサービスでは1時間850円、および1日2000円のコースもある〈利用時間は9~18時〉)。

 このように、試乗してみて分かったのは「キックボードでの手信号はかくも難しい」ということ。手軽にすいすいと直進できる性能は魅力的だが、原付よりコンパクトで車輪が小さい分、実感としてやや安定性に欠ける点は否めなかった。これは車体の性能に左右される面も大きいかもしれない。そして自転車よりも小さい車体特性を生かし、放置モデルが広がった方が利便性が高いのは間違いないように感じたのだった。

Key Visual & Graphic designed by Kaoru Kurata