少額から始める個人投資家にとって、
おすすめの投資は「FX」でも「仮想通貨」でも「投資信託」でもない。
「小型株集中投資」が一番である。

ほとんどの人は、こう思っているのではないか?

「集中投資は高リスクで危険」 「分散投資は低リスクで安全」
「無名企業の小型株は不安定で損する」 「有名企業の大型株は安定して儲かる」

こんな常識は、実際のところ非常識、大間違いなのである。

分散投資が有効なのは、億単位の資産家のこと。
手元資金が限られる個人投資家が同じことをしても、お金はたいして増えない。

実は小型株集中投資こそ、低リスク&高リターン。究極の投資法なのだ。

これは大学生のときに知識ゼロから投資を始め、さまざまな失敗を経験しつつも、大きな資産を築いた『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の著者がたどり着いた“投資スタイルの結論”。

基本的な戦略は、1年以内に株価3倍以上になる「小型株」を見つけて、1銘柄に集中投資すること。
ふつうの会社員でも、抑え気味のシミュレーションでも、10年あれば1億円貯まる。

著者は大学卒業後、ベンチャー企業に勤めたものの、小型株集中投資で得た資金をもとに26歳で早々に独立。
1年の半分は国内外を旅行しながら投資をして、悠々自適に自由を謳歌している。

その投資経験をベースに、経営者、上場企業役員、医者、弁護士、ビジネスパーソンなど、これまで1200人以上の個人投資家を指導し「勝てる投資家」を数多く輩出。
噂を聞きつけた資産家から「10億円を預けるから資産運用して欲しい」と頼まれたこともあるが外部運用はすべて断り、自己資金のみで運用している。

最大年間利まわり+600%、1銘柄の最大投資益+1200%など、1銘柄だけでも億単位のリターンを達成している著者が、自らの投資手法を初公開する。

Photo: Adobe Stock

利益の使い道によって
会社の成長フェーズをつかむ

 大きく成長している会社は、利益の多くを先行投資にまわしているケースがあります。そのため売上高が伸びていても、利益が伸びていないことがよくあるのです。

 先行投資とは、広告宣伝費、人件費、研究開発費、設備投資、海外展開など、売り上げ拡大のために投じるお金のことです。

 こうした先行投資を積極的に展開する会社は(経営戦略が間違っていないという前提にはなりますが)大きな成長を期待できます。

 海外の例ですが、米Amazon.comは、業績を急拡大させながらも積極的に先行投資を仕かけることで、長年、あえて利益を出さない決算を続けてきたことで知られます(下の表参照)。


 逆に利益を内部留保(社内に蓄えておくお金)として貯め込む会社や、成長戦略なしに株主に還元する会社は、「有効なお金の使い道がない」といっているようなものです。

 株主への配当利まわりを上げると、配当目当ての「買い」が入るため、株価は値上がりする傾向にあります。

 配当を出すということは、裏を返せば「先行投資するよりも株主に還元しよう」と経営者が判断しているということです。

 もちろん意図的な成長戦略として内部留保を増やしたり、株主に還元したりするケースもあるので一概にはいえませんが、少なくとも急成長する会社は、利益が出たら株主に還元するよりも、事業の成長に先行投資する傾向があります。

 このように会社が利益をどのように扱っているかによって、その会社の成長フェーズが、どの段階にあるのかを知ることができます。