明治がアイスクリーム賞味期限表示で放った、想定外のブーメランとは
アイスクリームに賞味期限を表示する方針を発表した明治に対して、なぜ異論が出るのか。写真は人気商品「エッセル スーパーカップ 超バニラ」 Photo:Diamond

アイスの賞味期限表示
に波紋が広がる理由

「アイスクリームには賞味期限がない」

 2000年代に『トリビアの泉』(フジテレビ系)というバラエティ番組で放送され、「73へえ」を獲得したトリビアです。若い世代の読者にとっては、「73へえ」といってもどれほど凄いかわからないかもしれませんが、当時の視聴者にとっては目から鱗の知識でした。

 賞味期限とは、食品をおいしく食べられる目安として表記された日付のことで、マイナス温度では細菌の繁殖能力は皆無に等しく、品質劣化がほとんどないということでした。よって、アイスクリーム類は味に変化はなくおいしく食べられることから、販売においてはどのメーカーも賞味期限は表示していないということでした。

 これは厳密にいうと、厚生労働省が定める食品衛生法第7条6項において「アイスクリーム類にあっては期限及びその保存方法を省略することができる」とされているのが根拠となっており、つまり各社とも賞味期限を省略しているという状態です。

 さて、アイスクリーム大手の一角である明治が、今年6月から市販アイスクリームの一部に賞味期限の表示を始め、2021年4月をめどに全製品に表示することを決めました。賞味期限は、商品ごとに製造から最長で24カ月(2年)となるそうです。実は、このニュースが業界をざわつかせています。

 明治によれば近年、消費者の食の安心への意識が高まっている中で、「アイスはいつまで食べられるのか」といった問い合わせが年々増加していることが、賞味期限の表示に踏み切った理由だといいます。