就活本に初めて「自己分析」の考えを取り入れた本として
12年連続大学生協第1位のベストセラーを誇る『絶対内定』シリーズ。

コロナ禍で価値観が大きく変わるなか、会社選びも大きく変わってきている。
自分らしい働き方とは、生き方とは…、就職活動ができずにいる今、
じっくり自分と向き合う時間を『絶対内定』と過ごす就活生が増えている。

今回は『絶対内定』シリーズの共著者でありキャリアデザインスクール・我究館の館長である熊谷智宏さんと、個々の価値に向き合ったキャリア支援サービス「TURNING POINT」を手がけるほか、大手各社から先進ベンチャー向けの経営コンサルティングに従事するエッグフォワード代表の徳谷智史さんが、「自分が本当にやりたい仕事に出会うための極意」、「長く社会で活躍し続けるためのヒント」をテーマに話し合う。
就活生はもちろんのこと、20代ビジネスパーソンも今こそ知っておきたい内容だ。

前編のテーマは「成長」。「部長になりたい」、「社長を目指す」など「昇進」に魅力を感じない若者が少なくない一方で、気がついたら同期との間に、埋められないキャリアの差が生まれてしまい焦りを感じる若手社員もいる。
キャリア支援を手がける2人が、就活本気度とその後のキャリアの相関関係を探る。
(構成/両角晴香、ダイヤモンド社・和田史子、撮影/宇佐見利明)

『絶対内定』シリーズの共著者でありキャリアデザインスクール・我究館の館長である熊谷智宏さんと、キャリア支援サービス「TURNING POINT」を手がけるエッグフォワード代表の徳谷智史さん
『絶対内定』シリーズの共著者でありキャリアデザインスクール・我究館の館長である熊谷智宏さん(左)と、個々の価値に向き合ったキャリア支援サービス「TURNING POINT」を手がけるエッグフォワード代表の徳谷智史さん(右)

今の時代、若くして「昇進」することのメリット

エッグフォワード株式会社代表取締役社長の徳谷智史さん
徳谷智史(とくや・さとし)
エッグフォワード株式会社代表取締役社長
京都大学卒業後、大手戦略コンサルティング会社入社。国内PJリーダーを経験後、アジアオフィスの立上げ・同代表に就任。その後、「世界唯一の人財開発企業」を目指し、エッグフォワードを設立。個の価値を最大化する転職・キャリア支援サービス「TURNINGPOINT」を運営し、2万人を超えるビジネスパーソンの意思決定を支援。総合商社、メガバンク、戦略コンサル、リクルートグループなど、業界トップ企業数百社に人財・組織開発や マネジメント強化のコンサルティング・研修など幅広く手がける。近年は、AI等を活用したHR-Tech分野の取り組み、事業開発や、高校・大学などの教育機関支援にも携わる。著書に『いま、決める力』がある。

熊谷智宏(以下、熊谷) 僕のところには、就活生だけではなく、20代の社会人の方たちもキャリア相談に来ます。

最近よく聞くのは、「係長や課長など管理職になることや、昇進そのものにメリットを感じない」という声です。「責任を負わされるのがイヤ」とか「ワークとライフのバランスを保ちたい」など、理由はさまざまです。

たしかにそうだと思う一方で、若くして昇進することのメリットもあると思いますが、実際にさまざまな企業のビジネスパーソンと接する機会の多い徳谷さんは、どうお考えですか?

徳谷智史(以下、徳谷)
そうですね。今の時代だからこそ、若くして昇進することのメリットはあるでしょう。
一番重要なのは、自分で「機会選択」しやすくなることだと思います。

熊谷 機会選択、ですか。どういうことでしょうか。

徳谷 管理職になると、平社員より裁量も権限も、当然大きくなりますよね。それは、自分で意思決定する「機会」に恵まれるということです。こうした経験が大きな財産なんです。

特に20代は、与えられた時間の中で、いかに成長できるかが肝といえます。昇進して年収がアップすることは、短期的に見ると取るに足らないことだと僕は思っています。

熊谷 会社の指示通りに仕事をこなすより、その都度、自分で悩み、考えながら仕事を進めていくほうが経験もスキルも積めますからね。

徳谷 僕は、学生の能力差は微々たるものだと思っています。むしろ、機会選択の積み重ねが人の成長速度を変えていき、結果、人材は二極化して行くと考えます。

TURNINGPOINTのサービス内で30代以降のキャリア支援をしていても、20代の成長速度が、その先の成長の角度を決めてしまっていることが多い。

わかりやすい言い方をすると、「どの組織からも必要とされる人材」と、「代わりがきく人材」に明確に分かれてしまうということです。