給ワイン所
給水所ならぬ“給ワイン所”があるメドック・マラソン。ブドウ畑の中を走る!

海外旅行ガイドブックの決定版『地球の歩き方』から、世界のマラソン大会情報をお届けします。2010年にロンドン・マラソンを取材したことがきっかけで、海外を旅してマラソン大会を走るようになりました。とくにハワイ・ホノルルのマラソン大会が好きで、ハーフも含めると14回完走しています。在宅勤務や休校による運動不足やストレス解消のために、最近ランニングを始めた方も多いことでしょう。今は海外渡航が難しい状況ですが、「いつか海外のマラソン大会を走ってみたい!」と思っている方に、その多彩な魅力と、走る際のちょっとしたコツをお伝えします。(文・写真/数藤 健(『地球の歩き方』デジタルコンテンツ編集部 写真/Ezra Shaw /Getty Images for HONOLULU MARATHON)

“旅ラン”のすすめ

ロサンゼルス・マラソン
ロサンゼルス・マラソンの前日に町中を軽くジョギング

 ランニング=トレーニングという印象を持っている方は多いことでしょう。でも、旅先で走ること=“旅ラン”はエンターテインメントです。

 移動する速度が変わると、視界が開け景色の見え方が変わります。血流が良くなり、交感神経が刺激されるためか、感覚が鋭くなって旅の記憶が4K放送のように鮮明になります。

 もちろん、いきなり大会に出る必要はまったくありません。まずはジョギングからでいいのです。11年前、ニューヨークひとり旅の際にセントラルパークを走りました。海外で走ったのは初めてで、確か5月か6月。薫風のなか鼻腔をくすぐった、ホットドッグ用のソーセージを焼く香ばしい匂いを今も覚えています。チチチチ……と鳴く声が聞こえ、芝の生えた地面を見やるとそれが鳥ではなく小さなリスの声だったことも、鮮明に記憶に刻まれています。