「会社依存のサラリーマン」は
絶対に転職してはいけない

――転職の成否を分ける「コロナ時代に生き残る力」とはどのようなものですか?

moto 一つは、「世の中や環境の変化に順応できる力」だと思います。コロナ下の今なら、「営業は対面でしかできません」とこれまでの型にはまるのではなく、新しい商談方法を自分で試行錯誤して見つける姿勢が大切です。

 もう一つは、「自分主導のスタンス」です。転職で失敗する人は結局、心のどこかで会社に依存している部分があると思います。会社から「もらう」給料が自分の口座に振り込まれるのを毎月待ち続けるという受け身のスタンスではいけません。給料はもらうものではなく、自分の力で「稼ぐ」ものです。

「コロナの影響で仕事も減っているけれど、まあ給料はもらえるし、楽になったからちょうどいいか」。そんなふうに考えるような人はそもそも転職先が決まらないし、転職しない方がいいと思います。今の会社を辞めることが目的になっている人も、必ず転職で失敗します。

「会社にキャリアを用意してもらう」とか「給料はもらうもの」という従来の考え方は捨てて、「キャリアを自分で取りに行く」「年収を自分で上げていく」という考え方を持つ必要があります。

withコロナ時代のキャリア形成
二つのポイント

――新型コロナウイルスとの共生を前提とするwithコロナ時代のキャリア形成で、重視すべきポイントを教えてください。

moto ポイントは2点あります。一つ目は「業界の盛衰を見極めること」です。コロナで成長する業界、衰退する業界はどこか、冷静に判断しましょう。