安価ながら4眼カメラなどのトレンドの機能を備えた、エントリークラスのスマートフォン「Galaxy A21s」がイオシス アキバ中央通店に入荷。サムスン電子が海外で販売している端末で、店頭価格は3万2800円だ。

国内未発売のサムスン製スマホ「Galaxy A21s」がアキバに入荷した

 3万円台前半というエントリークラスの端末ながら、4800万画素+800万画素+200万画素+200万画素構成の4眼カメラを搭載。1300万画素のインカメラはパンチホール型で、6.5型と大きめなベゼルレスディスプレーが採用されている点もトピックだ。

 主なスペックは、ディスプレー解像度が1600×720ドット、プロセッサーはオクタコアのExynos 850、メモリー6GB、ストレージ64GB、5000mAhバッテリーなど。OSをはAndroid 10を搭載している。

エントリークラスながら高性能で、カメラも4眼構成
最近は削られることも多いイヤホン端子もあり。カラーは2色から選べる

 nanoSIMスロットを備え、対応バンドはLTEで1/2/3/5/7/8/20/28/38/40/41。カラバリはブルーとホワイトの2色が入荷している。