Photo:PIXTA

咳には風邪薬より蜂蜜が効く?

 風邪の根本的な治療法は今のところないが、喉の痛みや咳といった風邪の症状を蜂蜜で和らげられるかもしれない。そんな蜂蜜の有用性を裏付ける臨床試験データの分析結果が、英オックスフォード大学医学部のHibatullah Abuelgasim氏らにより、「BMJ Evidence-Based Medicine」8月18日オンライン版に報告された。市販の咳止めシロップや感冒薬および抗アレルギー薬、鎮痛薬などによる“通常のケア”を受けた成人や小児と比べて、蜂蜜を摂取した成人や小児の方が、咳の重症度や頻度が低かったという。

 蜂蜜は何世紀にもわたり、民間療法として、喉の痛みや咳などの緩和に使われてきた。Abuelgasim氏らは今回、蜂蜜のこのような症状緩和効果を確認するために、2007年以降に実施された14件の臨床試験のデータを収集し、分析した。これらの試験のうち、小児のみを対象としたものは9件で、残りの5件には成人が対象に含まれていた。また、いずれの試験も、蜂蜜の使用と感冒薬および咳止め薬またはプラセボの使用を比較検討したものだった。

 解析の結果、蜂蜜は通常ケアと比べて、風邪による諸症状の改善、特に、咳の重症度と頻度の軽減と有意に関連することが明らかになった。プラセボとの比較に関しては、対象試験の数が限られていたため、説得力のあるエビデンスを得るには至らず、Abuelgasim氏らは、結論を導き出すためには、より質の高いプラセボ対照試験が必要だとしている。

 また、わずかながら咳以外の症状について検討した試験もあった。例えば、成人を対象に喉の炎症に対する蜂蜜の効果を検討した試験が1件あり、この試験では、蜂蜜が喉の回復を早める可能性が示されていた。