なぜ、テレワーク環境下でハラスメントが起こってしまうのだろうか。

 その理由を、IT企業「プライズ株式会社」に聞いてみた。同社は2018年に設立されたベンチャー企業で、労働生産性をテーマに掲げており、テクノロジーの力で企業の労働環境を改善する事業を展開している。

「オフィスで働いていれば、上司が部下の様子を把握しやすく、何かあれば口頭で伝えれば済む場合が多かったのですが、オンラインでは状況が分かりづらい上にコミュニケーションが取りにくい。そのため、どうしても部下の行動を監視し、余計な干渉をすることになってしまうのです」(代表取締役CEO・内田孝輔さん、以下同)

 便利なはずのテレワークが、逆に社内の関係性を悪化させる原因となっている。

「原因は上司にあるのは明白です。社員の生産性を最大化するのが上司の役割ですから、もし成果が出ていなければ、部下に理由を正すのは仕方ありません。しかし、通常の業務を逐一監視するのは過剰な行為で、まったく意味がないと思います」