iDeCoプラス=日本版401k
確定拠出年金との違い

 実を言うと、これは米国で生まれた確定拠出年金である「401kプラン」と非常によく似た形となっている。米国の401kプランは掛金を出すのはあくまでも従業員個人であり、会社がそれに対して福利厚生の一環として掛金を上乗せするというのが一般的だ。これをマッチング拠出という。

 ところが日本の確定拠出年金は米国の401kプランとは全く似ても似つかない制度であり、元々は退職給付制度のひとつである企業年金の設計を確定給付型から確定拠出型へと変更したに過ぎない。

 したがって、個人の自助努力による老後の資産形成を支援するという米401kと退職金の変形である日本の確定拠出年金とは、ある意味正反対の制度なのである。事実、日本で“マッチング拠出”といえば、企業が拠出する掛金に個人が上乗せする形だから、これもアメリカのマッチング拠出とは正反対だ。

 にもかかわらず、当初は多くのマスメディアが確定拠出年金を「日本版401k」などと命名したものだから、制度に対する多くの誤解が生まれてしまった。したがって、あくまでも個人が掛金を出すのが基本でそれに会社が上乗せするiDeCoプラスこそ、日本版401kと言っても良いのかもしれない。