最近の米長期金利の急騰は、昨年のFRBの方針大転換に関して、金融市場にその意図がうまく理解されていないのが一因だ
最近の米長期金利の急騰は、昨年のFRBの方針大転換に関して、金融市場にその意図がうまく理解されていないのが一因だ Photo by Takahisa Suzuki

「パーティーが盛り上がってきたらパンチボウル(酒が入った大きな器)を片付ける」。それが従来の米連邦準備制度理事会(FRB)の基本姿勢だ。実はFRBはこの方針を昨年大転換した。しかし、金融市場にその意図がうまく理解されておらず、それが最近の米長期金利の急騰の一因になっている。

 FRBは米議会が定めた法律に沿って「雇用の最大化」と「物価の安定」を目指している。雇用の最大化とはいえ、失業率を自然失業率に近い水準まで低下させると、人手不足で賃金上昇が進み、インフレが加速し始める。その対応に出遅れると、FRBは慌てて金利を大幅に引き上げる必要に迫られ、経済を混乱させてしまう。

 このため従来のFRBは、プリエンプティブ(予防的)な姿勢で、ある程度失業率が低下してきたら、早めに金融引き締めに転換するようにしてきた。これが冒頭の「パンチボウル」の例えである。