Photo:PIXTA

口の中の健康状態が悪いと認知症医療費がかさむ――三重県での調査

 歯の本数や歯周病の重症度が認知症の医療費と有意に関連することが、日本人対象の研究から明らかになった。愛知学院大学歯学部口腔衛生学講座の嶋﨑義浩氏らが、三重県在住高齢者の医療データを解析した結果であり、詳細は「American Journal of Alzheimer’s Disease and Other Dementias」に2月25日掲載された。

 認知症は世界的に増加しており、医療・福祉財政の負担が問題になりつつある。一方、口腔健康状態が認知症リスクと関連することが、近年注目されている。しかし、医療費の視点から両者の関係を検討した研究は見られない。

 嶋﨑氏らは、三重県の後期高齢者医療制度のデータを用いて、三重県歯科医師会が行った歯科検診の結果と認知症医療費との関連を検討した。口腔健康状態は、歯の本数、歯周病の重症度(Community Periodontal Index;CPI)で評価した。医療費は、2015年4月~2019年3月の4年における、主病名が認知症であった患者の各医療機関での医療費の合計金額とした。その他、アンケートにより、喫煙習慣、BMI、既往疾患(脳卒中、心血管疾患、糖尿病)を把握した。

 2014年度に歯科検診を受診した人は4,984人で、そのうち同年度内に認知症治療を受けず、かつ2019年3月まで生存していた4,275人(75歳が2,573人、80歳が1,702人)を解析対象とした。4年間の追跡中、201人が新たに認知症の治療を受けていた。