「お金持ちになるための方法」について、ここまでわかりやすく語られていた本が、いまだかつてあったでしょうか。『15歳から学ぶお金の教養 先生、お金持ちになるにはどうしたらいいですか?』が発売早々、話題を呼んでいます。「15歳から学ぶ」と謳われているとおり、とてもわかりやすく書かれていますが、見くびってはいけません。ベテランのビジネスパーソンが読んでも唸る内容なのです。「もっと若いときに読んでいれば……」と呆然とする人が続出中です。著者である奥野一成氏は、プロの投資家から約4000億円の資産を預かり運用実績を上げ続けるファンドマネージャー。数々の企業・ビジネスの盛衰を見てきた奥野さんは、これからの時代で「出世できる人」「出世できない人」には決定的な違いがあると語ります。(取材・構成/川代紗生、撮影・疋田千里)

意外と分かっていない「お金の仕組み」

──今回の本、めちゃくちゃ面白かったです! 私は「お金の仕組み」についてまったく詳しくないですし、むしろ苦手意識があったのですが、『15歳から学ぶ』とタイトルにある通り、とてもわかりやすい解説でした。冒頭で「親御さんの言うことを鵜呑みにしないでください」「お金持ちになりたいなら、お金を求めてはならない」という言葉が出てきたのも衝撃的でした。

奥野一成(以下、奥野):近々、高校の授業にも「投資」が組み込まれるそうです。これからの時代、「お金の仕組み」を学ぶのは必須になるかもしれませんね。ただ、一般的に「お金の仕組み」の本質ってあまり知られていないんです。今回の本では、いわば「お金のプロ」であるファンドマネージャーの視点から、15歳でもわかるように噛みくだいて説明しました。

──奥野さんは2003年に農林中央金庫に入庫、2014年からは農林中金バリューインベストメンツCIO(最高投資責任者)として活躍されています。どんな業界・会社が伸びるのか、どんな経営者が優秀なのか……。これまでに数多くの会社や人材を見てきたのではありませんか。

奥野:ファンドマネージャーとは、世界中から優良な会社だけを選りすぐって、多くの方々に投資してもらう仕事ですからね。株価が上がる・上がらない、会社が成長する・しないの見極めは日々、シビアにしています。

奥野一成(おくの・かずしげ)
農林中金バリューインベストメンツ株式会社(NVIC) 常務取締役兼最高投資責任者(CIO)
京都大学法学部卒、ロンドンビジネススクール・ファイナンス学修士(Master in Finance)修了。1992年日本長期信用銀行入行。長銀証券、UBS証券を経て2003年に農林中央金庫入庫。2014年から現職。バフェットの投資哲学に通ずる「長期厳選投資」を実戦する日本では稀有なパイオニア。その投資哲学で高い運用実績を上げ続け、機関投資家向けファンドの運用総額は約4000億円。更に多くの日本人を豊かにするために、機関投資家向けの巨大ファンドを「おおぶね」として個人にも開放している。著書に『教養としての投資』 『先生、お金持ちになるにはどうしたらいいですか?』など。