コロナワクチン、1回目は米ファイザー、2回目は英アストラだと副反応リスク?Photo:PIXTA

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチンを、1回目は米ファイザー社製のワクチン、2回目は英アストラゼネカ社製のワクチンという具合に混合して接種すると、副反応の生じるリスクが増大する可能性のあることが報告された。英オックスフォード大学准教授のMatthew Snape氏らが実施中の研究から明らかになったこの予備データの詳細は、「The Lancet」に5月12日掲載された。

 Snape氏らは、英国の50歳以上の830人を対象に、1回目と2回目とで異なるCOVID-19ワクチンの接種が有効な予防手段となるか否かを検討している。試験では、対象者のうちの463人をワクチンの接種間隔を28日とする群、367人を84日とする群に二分し、さらにそれぞれの群内で、4種類の組み合わせでワクチンの初回接種と追加接種を行う群にランダムに割り付けた。4種類の群とは、1回目にアストラゼネカ社製のワクチン、2回目にファイザー社製またはアストラゼネカ社製のいずれかのワクチンを接種する群と、1回目にファイザー社製のワクチン、2回目にアストラゼネカ社製またはファイザー社製のいずれかのワクチンを接種する群である。