「1day」か「5days」か

どちらに参加しても得られるものはある。ただし、目的をはっきりさせる必要がある。

ここで両者の違い(特徴)を説明しておこう。

1dayインターン
・会社説明会に近い。2時間~半日ほど企業の説明を聞くため、早期の企業研究には役立つ
・1時間程度の短い時間でグループワーク(GW)を行うこともある。中身は当然、薄くなる
・選考がないものも多く、時間をかけすぎることなく参加することができる
・早い段階で、その企業に「興味がある」旨を伝えられる。参加後に1day参加者限定のセミ
ナーや社員交流会への案内などの「特典」を受けられることもある

5daysインターン
・会社説明だけでなく、職場見学やグループワーク、業務体験など、さまざまな体験を通して企業
を知ることができるので、企業理解が深まる
・参加中の評価が高ければ、1dayよりも、多くの「特典」を受けることができる
・1dayよりも参加のための選考が厳しいことが多く、通過すれば本選考の優遇を受けられる
・参加中の活躍によっては、特別選考ルートへの案内を受けたり、早期内定の対象者に選ばれる

ざっくりまとめると、1dayは「企業研究」、5daysは「企業研究」+「早期選考」と考えられる。志望度が高い企業であれば、当然5daysに挑戦することをおすすめする。

ここで、僕から強くお願いしたいことがある。それは、「目的意識」を持って参加すること。

例えば次のようなもの。「自分が社会に出てからやりたいことが実現できるかを社員に直接聞きたい」

「1dayへ複数社行って、業界内の社員の雰囲気を比較したい」
「同じ志望業界を目指す学生と会って自分に足りないものを明確にしたい」
「自分なりに活躍して、早い段階で採用担当者にアピールしたい」

目的意識を持ってインターンに挑む学生は、参加中も意識が違うため、得られるものも成長度合いも大きい。私が見てきた学生の中には、1dayに参加した際、事前に準備をしていた質問を時間内で精一杯していたら人事に熱意を評価され、特別選考ルートに呼ばれ大手IT企業から内定を得た者もいる。1dayで特別選考につながるケースは少ないが、これこそ、目的意識を持って参加することの力だと言えるだろう。

1dayは選考のない企業も多く、気軽に参加できる。しかし、これに何社参加したところで、目的意識がなければ志望していない企業の説明を「ただ聞く」だけだ。

目的意識の重要性は5daysも同じだ。

「インターンに参加しても意味がないように感じた」「5daysに参加したけれど、ますますやりたいことがわからなくなった」と、後悔している先輩のほとんどが、目的意識が曖昧なまま参加している。気をつけよう。

また、グループワーク形式の場合は最終日に与えられた課題に対してプレゼンをするケースが多い。その時に「勝ちにこだわる」姿勢を、僕は大切にしてほしいと思っている。

つまり「優勝」など、その場で最も高い評価を取りにいくのだ。

今まで学生から聞いた話でも、「優勝チーム」のみがその後の選考ルートで有利な扱いを受けているケースが圧倒的に多い

多くのインターン参加学生は、精一杯やるなど「姿勢」にフォーカスしがち。そのプロセスを人事や社員に見てもらおうと意識が向く。しかし、それではほかの学生と比べて突き抜けた評価を得ることは難しい。5daysに参加するのは、複数回の選考を突破してきた学生だ。みんなそれなりに精一杯がんばってくる。

結果を出すために、時間管理、情報収集、社員への質問、チームメンバーの役割分担、チームの雰囲気作り、最後の最後まで細部にこだわるなど、すべての要素を他のチームよりも圧倒的に真剣に取り組むのだ。

今のきみにできるベストの準備を整え、ベストの前のめりな姿勢で参加しよう。

(本稿は、『絶対内定2023-2025 インターンシップ』絶対内定2023 自己分析とキャリアデザインの描き方』を抜粋、再構成したものです)