マッキンゼー流!企業価値を持続的に創造していく経営の極意とは?また求められる思考法とスキルとは?特集『マッキンゼー流!リーダーの新教科書 ―戦略とファイナンス―』(全16回)#1では、リーダーに「投資家」と「事業家」の2つの視点が必要な本質的理由を解説します。

>> 解説動画が全編(#1~#16)見られる!有料会員登録はこちら

>> 『マッキンゼー流DX革命』『入山章栄の世界標準の経営理論』など他の【学びの動画】はこちら

>>今回のレクチャー動画のテキスト版はこちら
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー「戦略としての企業価値:いまこそ求められる思考とスキル」

今回の動画で学べるTOPIC
・「企業価値」創造に必要な思考とスキルとは?
・経営者に「投資家」と「事業家」の2つの視点が必要な理由

佐藤克宏(さとう・かつひろ)
マッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー
資源・エネルギー・素材業界グループのリーダー。おもに日本企業に対して戦略的な視点から全社規模の企業変革をはじめとする支援を行っている。現在、早稲田大学ビジネススクール客員教授を務めているほか、京都大学経営管理大学院、東京大学工学系大学院技術・経営戦略学専攻でも教鞭を執っている。また、経済産業研究所コンサルティング・フェロー。スタンフォード大学大学院修士課程修了、京都大学経営管理大学院博士後期課程修了(博士、経営科学)。『DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー』(DHBR)で「ケイパビリティこそ競争優位の源泉である」(DHBR2013年11月号)などの執筆もある。