実際に寄席や落語会に行けば分かるが、落語家と観客との距離は思いの外近い。ファンが、より落語にハマりやすい環境が整いつつあるのだ。

 落語復権──。不遇の時代を経て、落語が、確かなブームになりつつある。