【第7回】 2013年4月9日 紺野登 :多摩大学大学院教授、KIRO(知識イノベーション研究所)代表,目的工学研究所 :Purpose Engineering Laboratory

もしもドラッカーが生きていたら、
目的工学について、こう語ったかもしれない
――目的工学研究所への手紙(その1)

有料会員になると記事の印刷機能がご利用いただけます。
詳細はこちら