翁 邦雄

元日本銀行金融研究所所長、法政大学客員教授

法政大学客員教授。1974年日本銀行入行。同調査統計局企画調査課長、同金融研究所長などを歴任。2009年に京都大学公共政策大学院教授、17年より現職。専門は金融論、金融政策論、国際金融論。『期待と投機の経済分析』(東洋経済新報社、1985年、日経図書文化賞受賞)、『ポスト・マネタリズムの金融政策』(日本経済新聞出版社、2011年)、『日本銀行』(ちくま新書、2013年)、『経済の大転換と日本銀行』(岩波書店、2015年、石橋湛山賞受賞)、『金利と経済』(ダイヤモンド社)など著書多数。東京大学経済学部卒業、シカゴ大学Ph.D.(Economics)取得。

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP