取引先の社員まで退職勧奨に
参加するという異常事態

 様々な退職勧奨を経験しましたが、その中でも極めつけでヘコんだのは、こともあろうに、他社の社員(M氏、H氏)が同席する中で行われた退職勧奨です。今から紹介する録音データは、実際には1時間近く行われた会話なので、重要な箇所だけを抜粋して記載します。営業所内の応接間(密室)で行われたものです。

社長「俺は退社したらどうですかってお願いしてるんですよ」

筆者「ここで頑張りたいです」

社長「懲戒免職になったらもう仕事先ないんだぞ?」

筆者「そうなんですか」

社長「(会社を)辞めてくれない?」

筆者「嫌です。ここで働きます。ここで働かせてください」

M氏「サラリーマンの経歴に傷が付くよ」

社長「昇給もない。ボーナスも払いません。この時点で気づいてほしいんだよね」

H氏「自分の置かれている状況わかってますか?」

社長「自主退職しろって。お前はまだ若いんだから。何を意地になってるの?」

H氏「いつまでに答えを出すんですか?」

筆者「いや……それは……」

M氏「覚悟した方がいいよ。身をもってわかるかもしれないね」

社長「お前この状態でも働こうとしてんの?」

筆者「はい」

社長「はははははははは(笑)」

M氏「はははははははは(笑)」

H氏「はははははははは(笑)」