写真に矢印を入れたり、囲みを入れたり、注釈を入れたりして、伝えたいところを目立たせたいことがあるだろう。画像編集アプリを使えば、いろいろと描き込むことができるが、高度な画像処理機能を備えているアプリは操作も難しい。注釈を入れるだけなら専用アプリの方が手間がかからない。そこで今回は、注釈アプリ「Annotable」の使い方を紹介しよう。

001
こんな画像処理も超手軽に入れられる

基本機能は無料でも使える!
画像注釈の専用アプリ「Annotable」

 iPhoneで画像に注釈を入れるには「第55回 iPhoneで写真に矢印やコメントを簡単につけられる「Skitch」を徹底解説」で紹介した「Skitch」を利用していた。しかし、実はこの「Skitch」、2015年10月から更新されておらず、2016年1月22日でサポートを終了している。筆者の環境ではまだ利用できるが、これから使うのであれば別の神アプリにしたほうがいい。

 そこで今回紹介するのが「Annotable」。基本機能は無料で使える画像注釈アプリだ。ラインを引いたり矢印を描き込んだり、枠で囲んだりと様々な機能を搭載。もちろん、テキストの入力もできる。さらに、有料オプションとして、スポットライトなど高度な機能も用意されている。

 まずは、線の色と太さを選び、対象を枠で囲んでみよう。アプリを起動すると、カメラロールが開くので、レタッチしたい写真を選択する。メイン画面の左下にあるのが色や線の太さをカスタマイズするボタン。右下にあるのがツールを選択するボタンだ。

117

Annotable(iOS版)


作者:Ling Wang
価格:無料(アプリ内課金あり)


※アイコンの横の文字をクリックで、ダウンロードサイトにアクセスします。

117
アプリを起動すると写真へのアクセスを求められるので「OK」をタップする
117
カメラロールが開くので写真を選択する
117
左下のボタンをタップし、線の色と太さを選択する
117
右下のボタンをタップし、ツールを選ぶ。ここでは丸く囲んでみる
117
対象物を囲む
117
枠をタップするとサイズや場所、方向などを調整できる
117
左下のボタンをタップし、太さや色を変更することも可能
117
右上の共有ボタンから、画像をダウンロードしたり送信したりできる

地図のキャプチャー画像に
矢印を入れたり文字を入れてみる

 イベント会場へのルート案内を想定して、地図に矢印や文字を書き込んでみよう。地図のキャプチャー画像を読み込み、ツールから矢印アイコンを選択。指し示したい所に向けて画面をなぞると矢印を描ける。長くなぞるほど大きくて太い矢印になる。

 一度描いた矢印をタップすると、選択状態になり、ドラッグして場所を移動できる。矢印の先端や後端をドラッグすれば、向きを変えられる。矢印の真ん中に表示されるポインタをドラッグすれば、矢印を曲げることも可能。枠と同様、左下のボタンから、色や太さを調整できる。

 画面をタッチして矢印などを描く場合、先端が指の下にあるのでなかなかピンポイントに調整するのが難しい。そんな時は、画面をタッチしたまま数秒指を動かさないようにしてみよう。指の下の部分がちょっとずれた位置に拡大表示されるので、矢印の先などを正確な場所に動かせるのだ。

117
ツールを開き、矢印のアイコンをタップする
117
ドラッグすると矢印が描画される
117
矢印をタップすると方向やサイズを変えたり、曲げたりできる
117
線を引いているときなどに指を動かさないでいると、指の下の部分が拡大表示されるのでわかりやすい

 文字を入れるにはツールの「A」を選択する。その上で該当箇所をタップすると文字を入力できる。文字の大きさや装飾は左下のボタンからカスタマイズ。改行位置は入力エリアの角のポインタをドラッグして調整する。テキストボックスをドラッグすることで、位置を動かすことも可能だ。

 他にも、直線を引いたり、フリーハンドで線を引いたりできる。「high light」ツールはテキストなどにマーカーを引く機能だ。

117
ツールから「A」アイコンをタップする
117
文字を入れたい部分にタッチするとキーボードが開いて入力できる
117
左下のボタンをタップし、文字のサイズや装飾をカスタマイズできる
117
縁取りありにしてみた
117
枠をドラッグすることで場所を動かすことも可能
117
波線のツールを選べばフリーハンドで描画できる

 モザイク機能も無料で利用できる。特に筆者は掲載する画面にモザイクを入れることが多いので助かるところ。領域を選択しているとリアルタイムにモザイク化されるのが面白い。モザイクツールは2種類あり、長方形を指定するだけでなく、フリーハンドでペン書きするようにモザイクをかけることもできる。

117
モザイクツールを選ぶ
117
選択するとリアルタイムでモザイクがかけられる

有料のスポットライトやルーペ機能で
バリエーションを増やす

 17種類の機能のうち11種類は無料で利用できるが、6つの機能は有料オプションとなっている。画像を全体的に暗くして、目立たせたい部分のみを通常表示にするスポットライトは、円形と四角、フリーハンドの3種類が用意されている。囲むよりもさらに目立たせることができるのが特徴だ。

 画像の一部を拡大して表示するルーペ機能も便利。細かい部分を見せたいが、トリミングしにくい被写体の時に活用できる。他には、文字を認識してのハイライトや墨消し機能がある。文書の一部にマスキングするときなどに利用できる。無料で利用できるハイライト機能より、きっちりと文字部分だけを塗ってくれる。

 1機能の価格は240円だが、すべての機能をまとめて購入すると1680円のところが1200円で済むうえ、今後追加されるオプション機能も無料で利用できる。

117
スポットライト機能で一部分のみを目立たせられる
117
フリーハンドで特定の被写体を目立たせることもできる
117
画像の一部分を拡大したいならルーペ機能をタップ
117
左下のボタンで、拡大率などを設定できる
117
画像の一部を拡大して、表示できた
117
文字認識した上で、ハイライトを引いてみたところ
117
文字認識した上で、墨消しをしたところ
117
有料機能は試用できるが画像を保存しようとすると、購入を促される

 以上が、「Annotable」の説明書となる。無料でも十分利用できるのでありがたい。作成済みオブジェクトの柔軟な調整が可能だったり、指先の拡大機能を備えていたりと、作り込まれていて使いやすく、神アプリと言える。ブログなどの記事に画像を出すことが多いなら、ダウンロードしておきたいアプリだ。

 スポットライトやルーペ機能を使う場合は、有料になるが、購入する場合はできれば将来のオプションも使えるように一括購入することをオススメする。

筆者紹介─柳谷智宣

柳谷さん顔写真

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。パソコンやIT関連の媒体で、特集や連載、単行本を多数手がける。PC歴は四半世紀を超え、デビューはX1C(シャープ)から。メインPCは自作、スマホはiPhone+Xperia、ノートはSurface Pro3とMacbook Air。著書に「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)など。筋金入りのバーホッパーで夜ごとバーをハシゴしている。好きが高じて、「原価BAR」を共同経営。現在、五反田・赤坂見附・銀座で営業中。