ビジネスリサーチ・ジャパンは大企業の「従業員平均年収」ランキングを発表した。17年度における売上高上位120社(上場企業)について、従業員給与の推移を分析してみた。1番多くもらっている会社はどこの会社なのかについて、過去3年の順位も踏まえながら見ていくことにしよう。(鎌田正文)

平均給与額が1000万円を超えた
会社は何社あったのか?

 厚生労働省による統計不正問題の発覚でアベノミクスによる賃金上昇にも疑いの目が集まっているが、その実態はどうなのだろうか?最初に売上高順から見てみよう。

 17年度売上高トップはトヨタ自動車(29兆3795億円)、50位オリックス(2兆円8627億円)、100位IHI(1兆5903億円)、120位村田製作所(1兆3718億円)である。

 今回対象となった120社のなかで、平均給与額が1000万円を上回っていたのは25社(16年度21社、15年度23社)。トップと120位までの金額差は1106万円(16年度1007万円、15年度1114万円)だった。

 業界別では、総合商社や大手金融、ビール・飲料、建設・不動産などが上位の常連。平均額が低いのはメーカー、専門商社、運輸、電力・ガスなどである。

 では17年度の従業員平均給与が最も高かったのはどこだろうか。

 1位となったのは、三菱商事。15年度は1445万円で2位。16年度は1386万円にダウンも2位をキープ。17年度は1540万円に上昇し、120社のトップに立った。