女性部下同士のいざこざ、上司はどのように対応すべき
写真はイメージです Photo:PIXTA

いよいよ人事異動や就職の日が近づいてきました。希望通りになった人も、そうでない人も、不安と期待の中で来月を迎えることになると思います。新しい部署や職場で、一番気をつけたいのは、職場の人間関係です。管理職養成講座第31回では、配属先の部署で女性部下の相談に対して、意図しない一言で部下の心を傷つけてしまった事例を紹介します。(MICA COCORO代表 産業カウンセラー 宮本実果)

リーダーに昇格した女性
部下の相談で問題が

 美容関連の企業に勤めるNさん(女性・38歳)は、美容のスペシャリストとして活躍後、4月から社員研修を担当する部署(部員は女性8人)に配属され、リーダーに昇格することになりました。

 Nさんは面倒見がよく、現場の部下だけでなくお客さんからも信頼されていました。さらに責任感も強く、4月からマネジメント能力も求められるとして、睡眠時間を削って勉強する毎日を送っています。

 ある日、新しい部署の女性部下Aさん(26歳)から相談があると言われ、時間を取りましたが、その日以来、Aさんは積極的なコミュニケーションを取ってくれなくなりました。何があったのでしょうか、その時の会話をご覧ください。