期待の
新型軽自動車を発売

 三菱自としては「今の自動車産業で単独ですべてに対処するのは難しい。3社連合で互いの力を活用するのは不可欠だ」(益子会長)と方針を明確に打ち出している。3社「合議運営」に対応する経営陣容に変更して次のステップに向かう。

 その第1弾の製品となるのが、28日に日産と同時発表する新型軽自動車だ。三菱自は新型ekワゴン、日産が新型デイズで両社の折半出資による軽自動車開発合弁会社「NMKV」が開発の中心となり「軽自動車の概念を超えるものを目指した」(遠藤淳一同社CEO)とする。

 NMKVは、“日産・三菱・軽自動車ヴィークル”の略でその名の通り日産と三菱自が共同で軽自動車を開発するために2011年6月に設立されたもの。結果的に日産・三菱自が資本提携に結びつける遠因となったのがこのNMKVなのだ。

 遠藤CEOは、日産出身でいずれはポストゴーンの日産トップ候補といわれた人材である。

 新型軽自動車は、開発が日産主導で生産は三菱自という本格的なアライアンス・プロジェクトで生まれたものとなる。

 新開発エンジンはルノーと日産が開発した0.8リットル3気筒エンジンがベースで型式は「BR06型」。これに新しい変速制御の新開発CVTを採用、小型リチウムイオンバッテリーを配置したマイルドハイブリッド。カメラとソナーを使うことで最新の踏み間違え衝突防止アシスト機能の採用、レベル2の先進安全運転機能システムと軽自動車としては画期的なものとなる。

 三菱自、日産ともに国内では1年ぶりの新型車投入であり、特に国内市場で根強い軽自動車需要に新たなインパクトを与えそうだ。かつて三菱自・日産ともに国内販売では大きく市場シェアを落としてきた。その負の流れからの反転攻勢という意味でも、この新型軽自動車の投入への期待は大きい。

 かつて軽自動車EVをいち早く投入した投入したのが三菱自でもあり、今回の新型軽自動車投入に続きピュアEV仕様もいずれ商品化されることになりそうだ。