99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレント、経営者まで、世界最古の『易経』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化。「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、歴史上の偉人から有名人まで、人間は9タイプしかいない。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消するという『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が発売たちまち第4刷となった。今回は、平成の大横綱離婚騒動の裏側をナインコード的に分析する。

お茶の間を騒がせた
元貴乃花親方の離婚騒動

「平成の大横綱」といえば、あなたは誰を思い出しますか?

 きっと、多くの人は“あの人物”を頭に浮かべているのではないでしょうか?

 そう、生涯戦歴794勝262敗、22回の幕内優勝を果たして、多くの国民たちを魅了してきた元貴乃花親方です。

 昨年10月、元妻・景子さんと離婚し、お茶の間を騒がせたのは記憶に新しいところです。

 離婚の原因としては様々な見方があります。報道が伝えているもので有力視されているのは、長男である優一さんのタレント活動の方針について意見が割れたこととされてはいますが、その真相は語られていません。

 離婚が世間に知られる直前まで“おしどり夫婦”を演じていた、元貴乃花親方と景子さん。なぜ、彼らはこのタイミングで離婚を決断したのか?

 今日は、2人のナインコードをもとにして、電撃離婚の真相をナインコードの視点から探っていこうと思います。