99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレント、経営者まで、世界最古の『易経』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化。「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、歴史上の偉人から有名人まで、人間は9タイプしかいない。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消するという『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が発売たちまち第4刷となった。今回は、阪神タイガースと矢野監督の運命をナインコード的に分析しよう。

「矢野ガッツ」は
五黄の不屈の精神から生まれた!?

 阪神タイガースの第34代監督として、今年から一軍の指揮をとっている矢野燿大(やの・あきひろ)監督。

 チームがヒットを打って得点をとったときや勝利が決まった瞬間、笑顔で腕を振り上げてガッツポーズをつくって喜びを爆発させる「矢野ガッツ」。

 これにより「チームが明るくなっていい」とファンの間で大きな話題を呼んでいます。

 また、監督の立場でありながら、選手の活躍に涙を流して喜ぶ姿にファンは心を打たれているのでしょうか。
「日刊スポーツ」の企画した「セ・リーグ監督、理想の上司は誰?」において、矢野監督は堂々の1位に輝きました。

 そんな人間味あふれる矢野監督ですが、昨年、17年ぶりの最下位に沈んだ阪神を再建することは可能なのでしょうか。

 矢野監督の「ナインコード」を見れば、その答えは徐々に明らかになってきます。
 今回は、どのスポーツ紙でも絶対に切り込まない“ナインコード”の視点から、矢野監督の人物像を紐解き、阪神タイガースの未来についても語っていきたいと思います。