薬局戦争CASE2

総店舗数2万店舗、市場規模7兆円を超え、膨張を続けるドラッグストア業界。20年前は1割強にすぎなかった150坪超の大型店は今や6割を超え、店舗規模の拡大化も進む。こうした変化の主役は、郊外の大型店で勢力を伸ばす地方発祥のドラッグストアだ。その地方の雄たちは今、巨大な人口を抱える首都圏での勢力拡大をもくろみ、それが新たな業界再編の呼び水になろうとしている。(ダイヤモンド編集部 重石岳史)

ドラッグ業界の西の雄が
越谷で郊外大型店を計画

 埼玉県越谷市の東武鉄道伊勢崎線せんげん台駅。改札を出て西へ延びるバス通りを10分ほど歩く。

 3階建てのイオンせんげん台店に着くまでの間、通り沿いには大手ドラッグストアのカワチ薬品、富士薬品が展開するセイムスの他、複数の調剤薬局が軒を連ねていた。もちろんイオンの店内にも、イオン薬局が入居している。

 そしてそのイオンとバス通りを挟んだちょうど真向かいに、サッカーコートの半分ほどの空き地がひろがっていた。標識によれば、敷地面積は3636m2。10月1日に着工し、床面積1759m2の鉄骨平屋建てを建築するとある。

 開発者は、福岡市に本社を置くコスモス薬品――。ここはドラッグストア業界の西の雄、コスモス薬品が関東で初出店する郊外大型店の開発予定地なのだ。

コスモス薬品の開発予定地
イオンせんげん台店の真正面に広がるコスモス薬品の開発予定地(埼玉県越谷市) Photo by Takeshi Shigeishi

 この地は都市再生機構(UR)のパークタウン三番街の一角にあり、1980年代に開発された団地では住民の高齢化が進む。周辺にドラッグストアが林立するのは、こうした典型的な郊外住宅地の商圏を見込んでのことであろう。

 「コスモス薬品は安売りの店ということで知っている。昔は田畑しかない地域だったが、商業施設が増えれば便利になる。オープンが楽しみだ」。イオンに毎週買い物に訪れるという70代の男性は、開発予定地を見つめながら、そう話した。