Photo by Masataka Tsuchimoto

2年に1度の自動車の見本市「東京モーターショー」(24日~11月4日、東京ビッグサイトなど)。プレスデーの23日、業界取材経験の“超”浅い記者が、あるミッションを自らに課して、東西約2kmの広大な会場を2万歩近く歩き回った。(ダイヤモンド編集部 土本匡孝)

初モーターショーは怒濤のプレゼン行脚から

 プレスデーのお目当てはプレスブリーフィングだ。初日だけで大手自動車・部品メーカーら35企業・組織の経営陣が本気のプレゼンテーションを披露した。

 トップバッターは、午前8時30分から始まった鈴木俊宏・スズキ社長。その後15分刻みで、ホンダ、日産自動車、三菱自動車、マツダ、トヨタ自動車、ダイハツ、SUBARU……と延々と続き、気づけば終わったのは午後6時前だった。

 五つの展示棟に分かれているのが厄介で、発表が終わるたびに報道陣らの大集団移動が発生する。発表終了まで待っていたら、次の発表ではステージ上の新車を拝顔できないほど後方になってしまう。会場地図とブリーフィングスケジュールをにらみながら、回り先の作戦を練る。これほど多くの新車を1日で見て回るのは人生初で、意気高揚し、疲れは感じなかった。