ビジネスフレームワーク集09
Photo:jesadaphorn/gettyimages

2020年1月13日(月)まで全10回でお届けする特集「新時代版ビジネスフレームワーク集」の第9回は、フレームワークの中でも「理論」と「法則」に焦点を絞る。特に、企業の経営戦略やマーケティング、組織マネジメントを考えるために役立つフレームワークの中から、押さえておきたい理論や法則をピックアップした。

「週刊ダイヤモンド」2019年9月28日号の第1特集を基に再編集。肩書や数字など情報は雑誌掲載時のもの

現代ビジネスで重要な
13の理論・法則

 今回ご紹介する現代ビジネスにおける重要な理論・法則は次の13個だ。

(1)ポーターの三つの基本戦略、(2)パレートの法則、(3)ランチェスターの法則、(4)マーケティング・ミックス、(5)プロダクトライフサイクル、(6)コア・コンピタンス、(7)3C分析、(8)PEST分析、(9)5フォース分析、(10)マズローの欲求5段階説、(11)カッツ理論、(12)PM理論、(13)ブルー・オーシャン戦略

 では、早速ご紹介していこう。

 

理論・法則(1)望ましい戦略の方向性は?
ポーターの三つの基本戦略

 米国の経済学者のマイケル・E・ポーターが、「企業はどのように競争優位を築くか」という観点から三つの基本戦略を提唱。三つとは「コスト・リーダーシップ戦略」「差別化戦略」「集中戦略」である。