富裕層のカネと節税#8
Photo:Nikada/gettyimages

大手上場企業から地方の中小企業まで、富裕層の社長たちが好んで住む地域は一体どこなのか。特集「富裕層のカネ・節税」の#08では、大手信用調査会社、東京商工リサーチの協力を得て、約380万社の企業データベースから作成した西日本地域の府県別ランキング(郡の自治代を除く)を大公開!(ダイヤモンド編集部 中村正毅)

大阪でも根強い
社長のマンション人気

 ダイヤモンド編集部が、大手信用調査会社東京商工リサーチの協力を得て作成した「社長が住む街ランキング」で、西日本地域トップとなったのは大阪市西区南堀江。社長数は西日本の地域で唯一、1000人を超えた。

 ランキングを眺めると、大阪市西区は南堀江のほか、新町、北堀江の三つの地域が10位以内に入っており、その人気ぶりがうかがえる。

 社長たちが主に住むのは、西区のほぼ中央を縦断する木津川の東側の地域で、住宅街が広がり、心斎橋や難波といった繁華街に近いエリアだ。

 マンションとオフィスビルが立ち並ぶ地域で、一戸建ては少ないことから、大阪でも社長のマンション人気は根強いようだ。

 今回は大阪府のほか、京都府、愛知県、兵庫県、福岡県の計5府県のランキングをお届けする。あなたの住む街は、果たしてランクインしているか。