大推薦時代到来!MARCH#予告

昨今のAO入試(総合型選抜)はかつての“一芸入試”のイメージとは程遠く、個性や秀でた能力と共に、一定水準の学力も求められることが多い。大学入学者全体の半分を占めるまでになったAO・推薦入試(総合型選抜・学校推薦型選抜)。中でも関東を代表する人気私大「MARCH」ではどんな入試が行われているのか?問われる能力は?競争率は?特集『大推薦時代到来!MARCH』では、その実態を取材。また少子化でもますます難関化している「MARCH」の最新序列を人気・実力の両面から徹底分析した。

#1 4月13日(月)配信
受験生の異常な安全志向で注目、8割が利用を希望「AO・推薦入試」の中身

大推薦時代到来!MARCH#1
Illustration by Yuuki Nara

 優秀な生徒を早く確保したい大学側、先行き不透明な入試制度改革を避けるため現役合格を志向する受験生、両者の意向が合致してAO・推薦入試での入学者は激増中。その実態と試験のポイントを詳しく解説する。

>>記事はこちら

#2 4月14日(火)配信
MARCH「最新序列」を徹底解剖!人気、実力、AO・推薦入試戦略のすべて

大推薦時代到来!MARCH#2

 関東の私大の中でも人気を誇り、就職の強さも際立つMARCH。現在の序列、大学改革の推進度、それを支える多様な人材を呼び込むためのAO・推薦入試戦略を探る。

>>記事はこちら

#3 4月15日(水)配信
【明治大学】徹底解剖!総合力はMARCH随一、今後は付属からの推薦を重視

大推薦時代到来!MARCH#3
Photo:PIXTA

 MARCH内では人気・実力共に頭一つ抜けていると評される明治大学。推薦入試の割合はまだ全体の3割程度と少ないが、付属校との関係強化を図っていく戦略だ。

>>記事はこちら

#4 4月16日(木)配信
【青山学院大学】徹底解剖!主要400社就職率はMARCH内トップの実力

大推薦時代到来!MARCH#4
Photo:PIXTA

 MARCHの立地ランキングでトップの青山学院大学は、華やかなイメージの一方、就職率トップという底力も付いてきている。推薦入試では、指定校と併設校・系属校からの合格者が多数。高校選びもポイントに。

>>記事はこちら

#5 4月17日(金)配信
【立教大学】徹底解剖!MARCH内最高偏差値のあの学部が牽引し脱MARCHへ

大推薦時代到来!MARCH#5
Photo:PIXTA

 2000年代までMARCHのトップで、早慶に次ぐポジションにあった立教大学。10年代以降は明治に抜かれた感があるものの、勢いを取り戻すべく改革が進む。推薦入試では語学力重視が特徴。

>>記事はこちら

#6 4月18日(土)配信
【中央大学】徹底解剖!看板の法学部が圧倒的存在感、都心回帰で巻き返す

大推薦時代到来!MARCH#6
Photo:PIXTA

 看板学部である法学部の存在感が大きい中央大学。現状、MARCHでの人気・実力を測ると残念ながら精彩を欠くが、2023年の法学部の都心回帰によって序列が激変するとの声も。推薦入試では地方から多くの学生を集めている点に注目。

>>記事はこちら

#7 4月19日(日)配信
【法政大学】徹底解剖!高評価のグローバル教養学部は早慶に劣らぬ人気

大推薦時代到来!MARCH#7
Photo:PIXTA

 MARCHの総合評価ではあまり強みが見えない法政大学だが、グローバル教養学部は早慶に劣らぬ人気がある。学部横断的な科目履修を取り入れるなど、大学改革を積極的に推進。

>>記事はこちら

Key Visual by Tatsuya Hanamoto

*記事のタイトル、内容、公開日は予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。