記事キービジュアル
Photo:PIXTA

関東の人気私立大学群であるMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学)の中では人気・実力共に頭一つ抜けていると評される明治大学。推薦入試の割合はまだ全体の3割程度と少ないが、付属校との関係強化を図っていく戦略だ。特集『大推薦時代到来!MARCH』(全7回)#3では、明治大学の人気と実力、推薦入試の実態などを取材とデータで解明する。(ダイヤモンド編集部 山出暁子)

「週刊ダイヤモンド」2020年3月14日号の第1特集を基に再編集。肩書や数値など情報は雑誌掲載時のもの。AO・推薦入試は2021年度から総合型選抜・学校推薦型選抜に名称変更

MARCHの中で総合力は随一
推薦入試の入学者はまだ3割程度

 MARCHの中では人気・実力共に頭一つ抜けていると評される明治大学。複数の大手予備校関係者が「MARCHなら明治大が受験生に人気」と口をそろえるように、難関私立大学の志願者数が軒並み前年割れとなった2020年度入試でも、10万人を超える志願者を集めた。六つの項目からMARCH5校の人気と実力を測った次のレーダーチャートからは、明治の強みと弱みが見えてくる。