ローソン,新パッケージ
「NATTO」と書かれた納豆のパッケージ。北大西洋条約機構(NATO)ではない

「TOFU」「NATTO」――。コンビニエンストア・ローソンの店頭で驚いた消費者も多かったのではないか。今春、プライベートブランド食品のパッケージを一新したローソン。「分かりにくい」「他の商品と区別しにくい」といった苦情を受けて、一部を見直すことになった。1年以上をかけた一大プロジェクトが盛大に滑ったわけだが、そこには親会社である三菱商事の関与も浮かぶ。(ダイヤモンド編集部 岡田 悟)

油揚げは「エイブラ・エイジ」!?
竹増社長は動画ライブで見直しを公表

「TOFU」「NATTO」――。新型コロナウイルスの感染が拡大し、コンビニエンスストアの店頭が感染予防の対応に追われた今年の春、ローソンの棚にはこのように書かれたパッケージの商品が並んだ。

エイブラ・エイジ!?

 中身は、豆腐や納豆だ。ローソンはプライベートブランド(PB)の食品約680品目のパッケージを一新。これが、白地に小さなアルファベットで商品名が書かれるなどしたため、分かりにくいとインターネット上で炎上した。「ABURA AGE」(油揚げ)はツイッターで「エイブラ・エイジ」と揶揄(やゆ)されるありさま。旧パッケージの写真を棚に貼って客の視認性を高める“対策”を取った店舗も話題になり、さすがに一部を見直すことになった。

 ネットで騒動となった最中の6月9日、ローソンの竹増貞信社長はネットメディア「ハフィントンポスト」の動画ライブ番組に出演した。

 開始直後から口を「へ」の字に結び、終始気まずそうな表情を見せていた竹増社長。「納豆(のパッケージ)に『NATTO』と書かれるなど、分かりにくい」との指摘に対し、竹増社長は「ローソンのPB食品をよりみなさんの生活になじむものにしたいと、デザイナーと打ち合わせ、1年以上かけて(リニューアルを)やってきた」と経緯を説明。「納豆や豆腐、SOFT SPREADと英語名で表記していたマーガリンは7月に見直す」と明らかにした。