ホンダ・ヴェゼル・ハイブリッドRSホンダセンシングホンダ・ヴェゼル・ハイブリッドRSホンダセンシング ヴェゼルは累計販売台数が50万台を超える人気モデル 多彩なラインアップを設定 RSは走り指向のスポーティモデル 駆動方式はFFのみ 全車安全装備ホンダセンシング標準 主要メカニズムは3rdフィットと共通 価格:THS 292万9200円

ホンダ ヴェゼル ハイブリッドRSホンダセンシング
高い完成度。定番フレッシュ

 マルチユースのコンパクトSUVとしてキックスとヴェゼルはオーバーラップする部分が多い。ヴェゼルは、2013年デビューのロングライフモデル。そう遠くない時期にフルモデルチェンジも予定されている。そういう意味では最新のキックスと比べるのは、ちょっと酷な部分もある。とはいえ、好調なセールスを続けており商品力は健在だ。比較する価値は大いにある。

 エクステリアの全体的なフォルムはかなり似ている。とくにリアピラーの角度などは並べて見るとそっくりだ。デザイン性と実用性をバランスさせると、おのずと似てくるのだろうか?

 デザイン自体を見ると、ヴェゼルは都会に溶け込むスタイリッシュ感覚を重視。キックスはエクストレイルの弟分という位置付けにふさわしく、アウトドアでも映えるカジュアルテイストを大切にしている。

 インテリアは、機能的で実用指向のキックスに対して、ヴェゼルはコクピット感覚を重視したスタイリッシュなデザイン。質感も高い。後席/ラゲッジスペースは、センタータンクレイアウト採用したヴェゼルが優勢――と思いきや、キックスも同等のスペースを備えている。この点は甲乙つけがたい。

 パワートレーンはeパワーだけのキックスに対して、ヴェゼルはガソリンが2種類(1.5L・NA/1.5Lターボ)と、ハイブリッドをラインアップ。ハイブリッドは1.5L・NAとDCT内蔵1モーターで構成するスポーツハイブリッドi-DCDである。

 同じ電動化パワートレーンでありながら、エンジンを発電用に使ってモーターで走るキックスに対して、ヴェゼルはエンジンがメインでモーターはアシストを行うのみ。スポーツハイブリッドというだけあって、小気味よいフィーリングが魅力だ。なお、次期型ヴェゼルは、eパワーと同じ概念のe:HEVになる方針が決定している。

 プラットフォームはキックスがVプラットフォーム、ヴェゼルはフィット譲りの定評あるタイプを採用。どちらも車両キャラクターに合わせたアップデートバージョンだ。キックスは欧州専売のマイクラに近く高速走行を重視したスペック、ヴェゼルはワンクラス上の8/9th欧州シビック用に近い。ヴェゼルはデビュー当初は快適性に課題があったが、現在は質の高い乗り味に改良されている。RSやツーリング、そしてひと手間かけたコンプリートモデル、モデューロXなどフットワークの味付けも複数用意されている。

 対して1スペックのキックスはどのような乗り味か。こちらにも期待が高まる。