不動産の呪縛#予告編
Photo:Az Jackson/gettyimages

景気が沈めば不動産は逆回転するのが常。ただし、今は単純な下降局面ではない。コロナ禍によって想定外の規模とスピードで需要が落ち込み、ホテルや商業施設が窮地に陥った。各プレーヤーは、従来のセオリーが通じない局面でどんな決断をするのか。特集『不動産の呪縛』は、11月2日(月)からスタート。窮地で下す決断の内幕に迫る。

#1 11月2日(月)配信
アパホテルのフランチャイズが「身売り」、躍進企業の異変の真相【スクープ】

不動産の呪縛#1
Photo by Kosuke Oneda

 アパホテルのフランチャイズチェーン(FC)がホテルを売りに出していることが、ダイヤモンド編集部の取材で分かった。大型ホテルチェーンで最も勢いを見せてきたアパホテルで今、FCに異変が起こっている。

>>記事はこちら

#2 11月3日(火)配信
アパホテル・元谷代表が語り尽くす「FCの身売り話と今後の買収計画」

不動産の呪縛#2
Photo by K.O.

 アパホテルのフランチャイズチェーンの身売り話から、これからの買収計画まで、アパグループの元谷外志雄代表が語り尽くした。コロナ禍でホテルが軒並み窮地に陥る局面で、これまでの急拡大戦略は変わるのか否か。

>>記事はこちら

#3 11月4日(水)配信
アパが「1泊2500円」キャンペーンをやっても黒字を確保できるカラクリ

不動産の呪縛#3
Photo by K.O.

 素泊まり1泊2500円。新型コロナウイルスの感染拡大でホテル業界が苦しむ中、アパホテルは激安キャンペーンに打って出た。それでも「赤字にはならない」と言う元谷外志雄・アパグループ代表。非常時の2020年も黒字を確保するカラクリに迫った。

>>記事はこちら

#4 11月5日(木)配信
西武が鉄道収入激減でも埼玉・所沢の大開発を「止められない」事情

不動産の呪縛#4
Photo by Masami Usui

 西武鉄道を擁する西武グループは9月、埼玉県の所沢駅東口で駅ビルを全面開業した。開発はこれで終わらない。次は広大な敷地が広がる駅西口だ。西武グループには、苦境に立ちながらも所沢での開発を「止められない」事情があった。

>>記事はこちら

#5 11月6日(金)配信
西武グループ大赤字でも「新プリンスホテル100店」拡大路線の危険度

不動産の呪縛#5
Photo by M.U.

 過去最悪となる630億円の最終赤字を見込む西武ホールディングス。資本増強の必要性に迫られ、子会社が優先株による出資を受ける調整が進んでいる。その一方で、プリンスホテルの新業態1号店を開業し、全国で100店を展開する計画を掲げた。

>>記事はこちら

#6 11月7日(土)配信
西武HD総帥、コロナ禍中の駅ビル開業を「タイミング良かった」の真意

不動産の呪縛#6
Photo by M.U.

 不動産市場ではとりわけ商業施設やホテルが冷え込んでいる。が、西武ホールディングスの後藤高志社長は、9月に所沢駅で商業施設を全面開業したのは「タイミングとしては良かった」と言ってのけ、プリンスホテルの新ブランドの全国展開も進める。

>>記事はこちら

Key Visual by Noriyo Shinoda

*記事のタイトル、内容、公開日は予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。