総予測#74
Photo:Burak Kara/gettyimages

複雑な中東地域で、2021年の「着火点」となりそうな国はずばり、トルコだ!特集『総予測2021』(全79回)の#74では、民族・宗教・エネルギーの難問が交錯する中東の新年を、地政学・戦略学者の奥山真司氏が展望する。(構成/ダイヤモンド編集部)

「週刊ダイヤモンド」2020年12月26日・2021年1月2日合併号の第1特集を基に再編集。肩書や数値など情報は原則、雑誌掲載時のもの。

拡大路線を突き進む
トルコに警戒せよ

 中東は常に複雑かつ変化の大きい問題を抱えている地域である。この地域で2021年に警戒すべき国はトルコだ。エルドアン大統領は、まるでオスマン帝国の復活をもくろんでいるかのような拡大路線を突き進んでいる。トルコが中東で他国との摩擦を起こす可能性は小さくない。