最強のテンバガー#7
Photo by Kosuke Oneda

「好立地、ぞくぞく」のキャッチコピー通り、都内で戸建てに住みたいというファミリー需要を捉えたオープンハウス。その人気の秘密は設計プランの徹底的な割り切りと、圧倒的な価格力にある。特集『最強のテンバガー』(全18回)の#7では、強さの秘密に加えて、今後のリスクから、給料、荒井正昭社長の人柄まで、不動産業界の表にも裏にも詳しい全宅ツイ(全国宅地建物取引ツイッタラー協会)が徹底分析。豪華メンバーによる座談会の中編をお届けする。(聞き手/ダイヤモンド編集部 篭島裕亮)

狭小住宅がファミリーにめちゃ売れ
周辺マンションより安い価格も武器に

――コロナ禍でオープンハウスの住宅が売れているのは、「戸建て希望」で「都内に住みたい」というファミリー世帯の需要を捉えているわけですか。

脱ぷん者(脱ぷん):そうですね。都内には住みたいけど、同じエリアのマンションよりも安く・広い家に住みたいというファミリーに超人気です。

かずお君(かずお):狭小でもリビングは大きくて車庫付きの家。居室もちゃんと三つある。

お鯛(お鯛):部屋の形が歪になっても5帖を死守します。

全宅ツイのグル(グル):新築や中古のマンションは単価が上がり過ぎているから、(オープンハウスの)プランに多少不満があっても戸建てに行くよね。

脱ぷん:マンションの値上がりはオープンハウスにとって完全に追い風ですね。オープンハウスの戸建ては周辺のマンションより1~2割ほど割安な価格で売り出しています。

かずお:これ東京・蒲田のマイルドヤンキーの20代だったら買えば地元のヒーローでしょ。

お鯛:最近マンションは高いから戸建てを検討しているってお客さん多いから、その層にヒットするのでしょうね。

【座談会参加者】
●脱ぷん者 @Datsupunsha 新卒でオープンハウスに入社して法人営業を経験。現在は転職して東京で収益不動産の仕入れを担当。
●全宅ツイのグル @emoyino 都心の不動産を中心に扱うブローカー。オープンハウス株は取得単価2300円台でホールド中。
●かずお君 @kazuo57 全国宅地建物取引ツイッタラー協会(全宅ツイ)事業に専念するため独立。本来は地主さんのお世話をするのが得意なタイプの番頭。
●お鯛 @otto_morgen 建築家。Oti建築事務所主宰。全宅ツイChief Architect。普段は注文住宅の設計や細い店舗を造っている。
●今そこにある危機 @kuso_fudousanya 法人仲介。
【全国宅地建物取引ツイッタラー協会】
ツイッター上で交流し合う不動産業界関係者により結成された団体。不動産業界の面白物件やニュースに登場した不動産などを集めた『クソ物件オブザイヤー』を毎年開催。書籍も多数。ツイッターのトレンド入りを果たすほどに注目されている。

――価格やデザインなど、オープンハウスの戸建ての商品力はどうでしょうか。