ボーズのサングラス型ウェアラブルスピーカー「Bose Frames」。左がSoprano、右がTempo。

 “Bose Frames”は、本格サングラスとして使える、ウェアラブル型のBluetoothスピーカーだ。シリーズ初のモデルは2019年に日本上陸を果たした。ここでは2020年に追加発売された新モデル「Bose Frames Tempo」「Bose Frames Soprano」をレポートする。

シリーズとして確立されたサングラス型スピーカー

 Bose Framesシリーズは、普通のサングラスに比べると少し厚みのある左右テンプル(つる)の中にスピーカーユニットを内蔵している。

 耳を覆わずに装着するウェアラブルスピーカーは、リスニング中に音量を大きくすると周囲に音が聞こえてしまう。しかし、Bose Framesは、スピーカーユニットの開口部の向きをユーザーの耳近くに配置して、なおかつ小音量でも明瞭な音が聞こえる独自の音響設計としているため、ウェアラブルスピーカーとして十分に実用的な使い方ができる所が魅力だ。

テンプルにスピーカーユニットを内蔵。開口部を耳に向けて音がストレートに届くデザインとした。

 ただし、小音量再生の場合でも音漏れがゼロにはならないので、図書館など公共の場所での使用は配慮が必要だ。自宅や静かなオフィスなどは、周囲に断りを入れたうえで音を鳴らすか、屋外ならばジョギングやドライブなど、人との距離を取れる場所で使うといいだろう。

 なお、初代のBose Framesシリーズが発売された2019年は、音声でマップ情報を読み上げてくれたり、ゲーム感覚で楽しめるボーズ独自の“音のAR”コンテンツを楽しむこともできたが、現在そのサービスはもう終了している。

第2世代機“Tempo”と“Soprano”はここが進化した

 Bose Framesのうち、「Tempo」はスポーツタイプ、「Soprano」は、キャッツアイ・デザインでドレッシーな外観だ。スマホにBluetooth接続して、音楽、ラジオ、映画、ゲームなど、さまざまなコンテンツの音声を聴けるほか、本体にマイクも内蔵しているのでハンズフリー通話ができる。ペアリングや本体のセットアップに使う専用モバイルアプリ「Bose Music」はiOS/Android OSをサポートしている。

2020年モデルのBose Framesはモバイルアプリ「Bose Music」で本体設定等を行う。

 SopranoとTempoは、2019年モデルのBose Framesよりもスピーカーボックスの容積を拡大した成果により、一段と肉厚なサウンドが楽しめる。音量を絞ってもベースの重心は低く安定していて、楽器の音色も鮮やかに伝わってくる。耳をふさがずに聴けるのでリスニング感が窮屈にならない。ボーカルがとてもクリアで伸びやかだ。

正統進化したSoprano

 Sopranoは、2019年に発売されたBose Frames Alto/Rondoの2機種からリニアに進化を遂げた男女兼用のサングラス型ウェアラブルスピーカーだ。本体はIPX2相当の防滴対応。充電用のカスタム4ピンケーブルを引き継いだ。満充電からの最長連続駆動時間の目安は約5.5時間。

キャッツアイデザインのフレームを採用するSoprano。

 デザインはフレームに光沢を付けて、レンズのサイズも少し大きくした。右のテンプルに搭載するボタンで再生中楽曲のトラック送りやハンズフリー通話操作に対応。テンプル側面のパネルを前後にスワイプすると音量のアップダウンになる。リモコン操作は覚えることも少ないのですぐに馴染めると思う。本体を外して、テーブルの上など平らな場所に逆さに向けて2秒間置くと自動的に電源が切れる機能もある。

右側面のタッチセンサーをスワイプするとボリュームがアップダウンする。

Tempoは初のスポーツタイプで、アウトドア仕様を強化

 Tempoは、Bose Framesシリーズ初のスポーツタイプのサングラスだ。本体をIPX4相当の本格的な防滴対応としているので、屋外でランニングしながら使っている最中に汗や小雨に濡れても大丈夫。スピーカー開口部にもホコリなどの異物が混入しないようにメッシュカバーを設けている。

本体をIPX4相当の防滴仕様としたスポーツタイプのTempo。

 空気力学の知見をベースに設計されたというTempoは、本体の中心部から左右に湾曲しながら広がるようなフォルムを採用している。レンズも湾曲させた独自形状だ。ランニングやサイクリングの際に空気抵抗を防ぐためのデザインなのだという。フレームは軽くて剛性の高いナイロン素材なので装着バランスがよく、長時間身に着けていても疲れにくい。本体の質量はTempoとSopranoともに49.89gだ。

 TempoがSopranoよりも使い勝手の面で進化しているポイントが2つある。ひとつは3つのサイズが揃うシリコン製ノーズパッドを交換してかけ心地を微調整できること。もうひとつは充電にスマホと同じUSB Type-Cケーブルが使えるようになったことだ。インナーポケット付きの高耐久性バリスティックナイロン製専用ケースも取り回しがよく、本機を携えてアウトドアスポーツに出かけたくなる。

Tempoはシリコン製ノーズパッドのサイズを交換して装着感を微調整できる。
Sopranoは独自形状の充電ケーブル。TempoはUSB-Cケーブルを採用する。
内側にポケットも付けたTempoの専用ケース。

 サウンドは中域の明瞭度が高く煌びやかなSopranoの印象に対して、Tempoの方は音色がややウォーム。タイトで量感も豊かな中低音域のプレゼンスがより強く感じられる。アウトドアでアップテンポなロックやEDMの力強いビートが楽しめる。

Sopranoのレンズ交換。ユーザーが自分の手で簡単に付け替えられる。

紫外線から目を守り、音楽と周囲の音を共存

 そもそも日本人には日常的にサングラスを身に着ける習慣が海外の人々に比べると根付いていないと思う。

 しかし、“交換できない臓器”である目を紫外線によるダメージから守るためにサングラスは有効なアイテムであり、UVケアレンズを採用するBose Framesは目の健康を守りながら音楽再生が楽しめる一石二鳥のオーディオ機器であるとも言える。

 屋外を移動しながら音楽を聴く時にはヘッドホンやイヤホンからBose Framesに「着替えて」楽しみたい。耳を塞がないオープンエアースタイルのポータブルオーディオ機器なので、環境音にも注意を向けながら安全に音楽リスニングにのめり込める。

 Bose Framesは耳を塞がずに装着ができるため、長時間身に着けていてもヘッドホンやイヤホンに比べて疲れにくいと思う。ビデオ会議のハンズフリー通話や家事をしながら音楽を聴きたい時にも選びたくなる。ところが筆者はコンタクトレンズが苦手なので、Bose Framesのレンズを度付きのものに交換しないことには実生活で役立てることが難しい。

眼鏡派は、度付きレンズへの交換も視野に入れては?

 そこで筆者は2019年モデルのBose Frames Altoに度付きの交換レンズを購入して使っている。アイウェアショップのジンズに足を運んだところ、当時一般的なメガネの交換用レンズと同じ価格でBose Framesに合わせたレンズを製作してもらえた。

 再び自宅近くのジンズを訪問して確認したところ、AltoとRondoに引き続き、Sopranoは交換レンズをつくることができるらしい。オプション提供されている色つきのサングラスタイプや、ブルーライトカット機能の付いた“PC用”のレンズも追加料金を足して選べる。

 スポーツタイプのTempoは特殊な湾曲型レンズを採用しているため、ジンズでは取り扱いがないという。Tempoについては筆者が調べた限りでは交換レンズの製作に2つのショップが対応していた。

 ひとつはビックカメラ有楽町店6階のメガネやサングラスを専門に扱うコーナーだ。元のレンズ形状が特殊なため、ユーザーの度数と瞳孔間距離を調べた上で対応可能な場合のみに注文を受けているそうだ。レンズの種類にもよるが、価格は3〜4万円前後。加工のため3〜4週間ほど納期がかかるという。

 もうひとつは眼鏡専門店のPARIS MIKI(パリ ミキ)。身に着けた時の印象がよりソフトになるクリアタイプのレンズも含めて、Tempoの特殊なレンズの製作を受付けているという。価格は2万6400円から。フレームに合わせてレンズを加工製作するため、一時的に製品を預けた後に3〜4週間で対応可能だという。

ボーズから純正のアクセサリーとしてTempoとSopranoの交換レンズが発売されている。

 度付きタイプのレンズでなければ、ボーズからそれぞれのモデルに合う純正品も発売されている。ユーザーが自分で簡単に取り外しができるので、音楽が聴けるファッションアイテムとしての着こなしを楽しむのも良いと思う。ボーズのサイトに公開されているレンズの交換方法を確かめてから挑戦してみてほしい。

■関連サイト