ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

国内発売予定がない「ニンテンドー2DS」は
任天堂海外市場の救世主になる!?

石島照代 [ジャーナリスト],小山友介 [芝浦工業大学システム理工学部教授]
【第40回】 2013年9月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
5
nextpage

 なお、裸眼3D機能外しの理由として3D特許訴訟による賠償金15億円の影響を見る向きもあるようだが、今回の場合当てはまらないだろう。もし影響があるならば海外市場で3DSを併売しないだろうし、もっといえば「少々高くてもいいものを買おう」というメンタリティの強い日本市場においては、2013年度だけで500万台突破を目指して現行3DSシリーズを売っていく方針であることから、3D特許訴訟の影響はまったく感じられない。事実、日本の広報室も「訴訟問題と2DSの開発は一切関係がない」と断言しており、訴訟は継続中である。

子どもにポケモンを遊ばせるために
「玩具」という原点に立ち帰らざるをえなかった任天堂

 また、今回の2DSをハードの開発視点でとらえた場合、任天堂がハード開発において「玩具という原点に立ち帰った」と考えると非常に理解しやすい。むしろ、「子どもにポケモンを遊ばせるために、3Dがついていない安い3DS(=2DS)を買わせる」ために、玩具という原点に立ち帰らざるをえなかった、ともいえるだろう。

 任天堂2DSの画面サイズは、初代3DSと同様である。3DSの売りの一つであった立体視の機能を削除、また、他のゲーム機と一線を画していた画面を折りたたむ機構も削除された。これは、二画面でありながら一枚の大きな液晶パネルを採用、利用する部分以外はプラスチックのボードで覆い隠す、という設計上の“秘策”を採ったためで、コストダウンに大きく貢献している。

 このような思い切った設計の結果として、手前が薄く奥が厚めという、丸いケーキを薄くスライスしたような個性的なフォルムとなっている。使いこなしたゲームがあまりない裸眼3D機能を廃止し、故障の原因となりやすい折りたたみ機構を排除した設計としたあたりに、任天堂の決意のほどがうかがえる。

 筆者(小山)はいくつかの大学で、ゲーム産業の現状について1~2コマで話す授業を行っているが、そこでは家庭用ゲームハードを発売している3社の原点となるのは何かを示すことから始めている。

previous page
5
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

石島照代
[ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

小山友介
[芝浦工業大学システム理工学部教授]

1973年生まれ。芝浦工業大学システム理工学部教授。2002年京都大学大学院博士課程修了。博士(経済学)。東京工業大学助教等を経て現職。東工大時代に経済シミュレーション研究に従事、そこで学んだコンピュータサイエンスの知識を生かしてゲーム産業研究を行なう。専門はゲーム産業を中心としたコンテンツ産業論と社会情報学。2016年6月末に『日本デジタルゲーム産業史』 (人文書院)を刊行。

コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧